億万長者「ビルゲイツ」を徹底解説!!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。 こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識、また世界的有名な人物や企業ついてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

突然ですがビル・ゲイツといえば、マイクロソフト社の共同創業者兼元会長兼顧問であり、誰もが知る億万長者です。彼が作り上げたマイクロソフト製品の数々はどこの家庭でも使われているものであり、彼が世界に与えた影響は大変に大きなものです。

また、彼の発言は逐一メディアに取り上げられ、今もなお世界に対して大きな影響力を持つ人物です。今回はそんなビル・ゲイツについて、ご紹介したいと思います。人類で最も資産を持っている彼はどのような人物であり、これからどのような未来を見据えているのでしょうか。

ビルゲイツの経歴

はじめに、ビル・ゲイツの経歴を見ていきましょう。マイクロソフト社を立ち上げたことは誰しも知るところですが、彼には他にどのような物語があるのでしょうか。

1955年、ビル・ゲイツはアメリカ合衆国のシアトルに生を受けます。彼が生まれた家庭は比較的裕福であり、ビル・ゲイツは聖歌隊に入り、ボーイスカウトの活動もしていました。ビル・ゲイツの幼少期は裕福な家庭に生まれたアメリカの子供そのものだったようです。また、幼少期から読書が好きで、歴史の偉人や発明家の伝記を読みふける毎日を過ごしていました。

1973年、ビル・ゲイツは世界トップクラスの大学であるハーバード大学に入学します。当初ビル・ゲイツは法律を学ぼうと考えていました。しかし、法律学にのめり込むことができず、大学ではひたすらポーカーを行い、自室にこもって将来を悩んでいました。この頃から周囲に流されず、自身の信念を第一に考えて行動するビル・ゲイツの魅力の片鱗がうかがえます。

1975年、ビル・ゲイツはハーバード大学を休学し、マイクロソフト社を創業します。これが歴史的瞬間だったのです。その後、ビル・ゲイツが開発したwindowsは今に至るまで大変に広いシェアを獲得しているOSであり、彼の名声を一気に高め、彼の資産を莫大なものとしました。

ビルゲイツのエピソード

ビル・ゲイツには様々なエピソードがあります。今回は驚くべきエピソードを5つ紹介いたします。

驚くほどの倹約家

ビル・ゲイツは世界長者番付の常連であり、長らく首位に立っていました。しかし、彼は驚くほどの倹約家としても知られています。なんと彼は飛行機で移動する際、エコノミークラスで移動することを好むのです。また、ホテルの部屋についても広いものを好まず、眠るスペースとネット環境さえあればいいと言うほどです。世界を代表する億万長者であるにも関わらず、この徹底した無駄を省く姿勢こそ彼が常に長者番付で首位に君臨できた秘訣なのかもしれません。

ハーバード大学中退

ビル・ゲイツはハーバード大学を中退しています。多くの人の憧れのハーバード大学でポーカーに明け暮れ、自室で将来を憂いていたビル・ゲイツだからこそ、自分の信念のみに沿って行動することができ、現在の偉業を成し遂げたのでしょう。ちなみに、ビル・ゲイツはハーバード大学から2007年に名誉学位号を与えられています。

オフィスで大の字

ビル・ゲイツは夜に仕事をすることが好きであり、時には徹夜で仕事を行い、オフィスでそのまま寝ていました。週末が終わり、秘書がオフィスに出勤するとビル・ゲイツが床で大の字に倒れていたそうです。驚いた秘書が駆け寄ると、彼は徹夜で仕事をして、床で仮眠をとっていただけでした。この驚異的な集中力と、型破りな行動力こそビル・ゲイツの大きな武器でした。

ハッキング

ビル・ゲイツは若い頃に所属していた会社で、コンピューターの使用権限を得るためにシステムにハッキングしていました。また、高校の授業では女子ばかりのクラスに入りたい一心で、授業スケジュールをプログラムしていたそうです。まさに目的のためなら手段を択ばない行動力です。

10,000時間

これはビル・ゲイツが中学時代から大学に入るまでにコンピューターに費やした時間と言われています。好きこそものの上手なれ。ビル・ゲイツをビル・ゲイツたらしめるシンプルで驚異的なエピソードです。

ビルゲイツの現在

このような型破りで自分に対して誠実なビル・ゲイツですが、現在は社会的な活動に力を入れています。2015年にはマラリアの根絶と教育の質を高めることについてスピーチを行っています。世界的な企業を創業し、一度世界を変えたビル・ゲイツはまた世界を変えようとしています。彼の目は感染病に苦しむ貧しい国の人々に向けられており、また、質の高い十分な教育を受けることのできない人々に向けられています。そのスピーチにおいて彼は繰り返し述べます。「私は楽観的である」と。そう、彼はマラリアを根絶し、全ての人に質の高い教育を平等に受ける機会を与えることができると楽観的に信じているのです。ビル・ゲイツの姿勢と活動は私たちに勇気と希望を与えてくれます。

以上「億万長者「ビルゲイツ」を徹底解説!!」でした。億万長者になるためには並外れた行動力があったんですね。筆者も少しでも見習っていこうと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。