IoTを学ぶために必読の6冊

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。 こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識またおすすめの本までプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

通勤中や休憩中に自己啓発のための本を読んでいるという読書家の方も多いのではないでしょうか?アンテナやモチベーションを高く持つためには、常に新しい知識を取り入れ、学ぶ姿勢を保つことが欠かせません。ITやテクノロジー分野は日進月歩で新しい技術やサービスが日々生まれているため、積極的に勉強していかないとどんどん追いつけなくなってしまうシビアな世界でもあります。

今回はテクノロジーの中でも特にIoTに興味がある方や、もっと理解を深めたい!という方にオススメの本をご紹介します!

話題のキーワード「IoT」とは

Iotとは、「Internet of Things」の略語。日本語では「モノのインターネット」と訳されています。モノをインターネットにつなぐことで、モノからインターネットへも相互作用できるようになるのがIoTの世界。スマホで部屋の電気をコントロールしたり、TVでオンラインゲームをプレイしたり、インターネットとそれにつながった便利なモノは、もはや日常生活に欠かせないですよね。私たちは、今、そんなIoTの世界に生きているのです。

【初心者向け】これからIoTを学びたい方にオススメの3冊

俯瞰図から見える IoTで激変する日本型製造業ビジネスモデル 大野治 著

日立製作所でSEとして活躍し執行役常務まで務めた著者が、その豊富な知識と経験を基にIoT全体を俯瞰し分かりやすく整理した一冊。テクノロジーを主軸に現代の日本の製造業の現状と課題を経営者目線でまとめています。製造業にお勤めの方に特にオススメです。

2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門 小泉耕二 著

IoT専門の情報サイト「IoTNEWS」代表を務め、国内だけでなく海外の企業でも取材経験を持つ著者が、具体的なIoTの実例を出しながらIoTの未来について言及しています。最近話題のビッグデータやAIというキーワードについても触れられているので、ITの知識があまりない方にも分りやすくさくさく読める一冊です。

IoTとは何か 技術革新から社会革新へ(角川新書) 坂村健 著

TRONプロジェクトを始め日本のIT分野の先駆者でもある科学者がIoTについてまとめた一冊。クラウドに弱く、法的整備も海外に比べて遅れている日本のメーカーがこれから進むべき道を提言しています。新書ならではの軽いボリューム感と、IoTの本質は「オープンさ」であると断言する著者の快活な文章は、通勤中の読書にもぴったりです。

 

【上級者向け】IoTを応用させたい方にオススメの3冊

サービスのためのIoTプロダクトのつくり方  野々上仁 著

面白いIoTプロダクトを生み出すための「グランドデザイン」・「ハード/ソフト開発」・「チーム編成」といった実践的なポイントから、IoTとは何なのかを解説した一冊。5年前に起業しスマートウォッチを開発する著者ならではリアルなエピソードも多く、起業奮闘記としても読めるので起業に興味がある方にもオススメです。

IoTシステム開発スタートアップ プロトタイプで全レイヤをつなぐ 吉澤穂積 著、下拂直樹 著、松村義昭 他著

IoT開発者や関係者が基本に立ち返りたい時や迷った時に参考にしたい一冊。IoTシステムのアーキテクチャの各層の捉え方や具体例、実践例を鳥害対策システム構築を通して、クラウドやセキュリティ面までのノウハウがぎっしり詰まっています。

絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用  株式会社NTTデータ 河村 雅人 他著

IoTを活用したいエンジニアに向けて、「デバイス」「センサ」「通信プロトコル」の説明から、実際にIoTを運用する際の問題点やコツまでを網羅した一冊。マネージャーなど、IoTプロジェクトを推進し指揮する側のポジションの方にもオススメです。

 

おわりに

未知の分野でも、少しの予備知識があればその問題にぐっとアプローチしやすくなるもの。今また改めて注目を集めているとも言われているIoT。その概念や必要性を学びなおすチャンスなのではないでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。