ベンチャー企業への転職で失敗する人の特徴は?失敗から学んでみよう!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。 こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識また転職や企業のコアなことまでプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

最近は景気もよくなり、転職での採用を増やす企業も増えてきました。特にベンチャー企業の場合、即戦力を求める傾向があることから、ベンチャーの中途採用の求人も増えてきています。

ベンチャー企業への転職といえば、最初から責任あるポジションと仕事を任されたり、ストックオプションが貰える、など、いい話だけを聞くことも多いと思います。しかし、実際は、ベンチャー企業への転職で成功する人もいれば、失敗する人もいます。今回は、ベンチャー企業への転職で失敗しないためのポイントについて解説します。

それではまずベンチャーへの転職リスクについて見ていきましょう

ベンチャー企業へ転職するリスク

まずはベンチャー企業への転職リスクについて考えていきましょう

大企業に比べて安定しなくなる

最も大きなリスクは安定しなくなるというリスクです。大企業であっても、必ずしも安定しているというわけではありませんが、ベンチャー企業は、大企業の比ではありません。いつ会社が買収されるかもわからないですし、会社がなくなる可能性だってあるわけです。

加えて、収入についても、一般的には大企業だった時より下がることの方が多いです。生活面での安定を考えると、転職するのはリスクといえるでしょう。

マルチタスクであることが求められる

自分の得意でない仕事をしなければいけないというデメリットもあります。高い専門性があり、その専門性を期待されていたとしても、ベンチャーは、いろいろな仕事を少人数で回さなければいけないため、1つの仕事に専念できるわけではありません。もし、自分の専門性を生かしたいのであれば、ベンチャーへの転職は避けた方がよいかもしれません。もちろん専門性を活かせるベンチャーもあるので一概には言うことはできませんが。

創業者との関係性

最後の大きなリスクは、創業者とウマが合うかどうかです。ベンチャー企業は、創業者が当然現役であり、株式の大部分を保有しているため、創業者の意思によってビジネスが進むことが多いです。創業者とウマがあえば、水を得た魚のように働けるかもしれませんが、ウマが合わない場合、意外と苦労するケースも多いようです。最後は人と人で仕事をするため、こういったリスクもあると理解しておきましょう。

リスクについて見てきましたが、もちろんメリットもあります。それではメリットを見ていきましょう。

ベンチャー企業へ転職するメリット

ではベンチャー企業に転職するメリットを見ていきましょう。

仕事の範囲が広がる

なんといっても、一番のメリットは、仕事の範囲が広がることでしょう。今までは、1万人のうちの1人だったかもしれません。それが、ベンチャーでは、10人のうちの1人になるわけです。その分、任される仕事の範囲が大きくなります。

時には自分の力量を超えた仕事を任されることもあるでしょう。しかし、そういった経験が、ビジネスマンとしての成長の糧になることも確かです。

たとえば、営業の仕事として入ったとしても、マーケティングに関する仕事を求められることもあります。経理として入っても、財務に関する仕事を求められることもあります。こういった仕事をこなしていくうちに、仕事の幅が広がり、結果、大企業にいる時よりも成長できる、という人も多いようです。

会社の成長スピードが速い

会社によりますがプラスの面で見ると会社自体のあらゆるスピードが速く、成長していることもメリットです。採用を拡大しているベンチャー企業であれば、会社自身も成長しているはずです。そのため、つどつど、その会社のステージに合わせて、新しい仕組みやルールを作ることができます。また、意思決定も早く、今までは社内の稟議を通すのに数週間、とやっていたのが、社長との5分のミーティングで意思決定がなされる、ということもあります。このスピードの中で仕事ができるというのも、ベンチャー企業の魅力の1つでしょう。

高い役職と報酬を得れる可能性がある

最後のメリットは、高い役職と報酬を得れる可能性があるということです。大企業であれば課長になるのに20年、といったことも多いですが、ベンチャーの場合、数年で部下を束ねる執行役員、というのも珍しくありません。また、ストックオプションの制度などがある場合、株式が上場することで、多きな報酬を得ることも可能です。こういった高い報酬がありえるのも大きなメリットです。

上記したことは数少ない優良ベンチャーしか実感することができませんが、ベンチャーへ転職するということはこのようなアップサイドがあることを覚えておいてください。次はベンチャーへの転職で失敗する人の特徴についてまとめました。転職を考えている人は当てはまっているものはないか見てみてください!

ベンチャー企業への転職で失敗する人のマインドセット

それではベンチャー企業への転職で失敗する人の特徴を見ていきましょう。

大手からベンチャー企業に、裁量権を求めていったけれど…

大手からベンチャーに行っても、転職に失敗することはあります。大手の年功序列がイヤで、ベンチャーに裁量権を求めていった場合、失敗するケースが多く見られます。

失敗する理由は2つです。1つ目は、ベンチャーといえど、組織階層は存在します。当然やりたいことをやるためには、社長や取締役を納得させなければいけません。この上層部を説得させるスキル、というのを身に着けないまま、裁量権だけを求めて転職しても、結局上と折り合いがあわず、やめてします、ということがあるようです。

また、大企業は裁量権がないと考えるのもナンセンスです。そもそも、大企業ではベンチャーと比べて取引している金額や重要性がまるで違います。大企業に入ってすぐに重要な役職を求めること自体おかしいのです。

成長機会がある、と思って失敗するケースも

「ベンチャーには成長機会がある」と思って、ベンチャーを志望する人も多いかと思います。しかし、ベンチャー企業は、まだトレーニングの制度等が未整備な会社もほとんどです。逆にあなたが、会社を成長させなければいけません。

受け身体質で、「成長できる」と思って入っても、実際は、そのような環境にならないことも多くあります。こういう環境の不一致が原因で、転職に失敗するケースもあります。ですのでベンチャーに転職する人はすでに実力のある人、または自分の力で突き進んでいる人が向いていると言えます。

次は上記のような考え方ではなく、ベンチャーに向いている人であるはずなのに失敗してしまうこともあると思います。そんな失敗したケースを見ていきましょう!

ベンチャー企業への転職に失敗した主な原因

では、実際、どういったケースで、転職して失敗した、と感じることが多いのでしょうか。

強みを生かせなかった

一番多いのは、自分の強みを生かせなかった、というケースです。ベンチャーは、先ほども述べたように、マルチタスクを常に求められます。そのため、自分の強みを十分に生かせず、目の前の仕事に忙殺されてしまった、というケースもあります。こういった場合、自分のやりたいことができずに、だんだんフラストレーションがたまってきて、ついには転職したことを後悔する、という人もいるようです。

社長や創業メンバーと意見が合わない

社長や創業メンバーと、意見が合わず、自分のやりたいことができない、というのも、ベンチャー企業に入って後悔するケースとしては多いようです。最初はこちらの意見を尊重していたものの、だんだんと社長の意思が優先されるようになり、結果、自分の肩身が狭くなり、居づらくなってしまうというケースもあるようです。こういった場合、収入が下がったことが追い打ちをかけ、せっかく入ったベンチャー企業を辞め、再度転職する、という人もいます。

ベンチャー企業はまだ発展段階ということで転職には様々な問題があります。そこで次はベンチャー企業への転職で失敗しないための対策を見ていきましょう。

ベンチャー企業への転職で失敗しないための対策とは?

では、ベンチャー企業への転職で、失敗しないためにはどのようにすればよいのでしょうか。

最初のポジションに拘りすぎない

特に大手から転職しようとしている人は、ポジションに拘り過ぎる傾向があります。ただし、ポジションに拘りすぎると、せっかくのチャンスを台無しにする可能性もあります。ベンチャーだからといって、高いポジションで入れるとは思わない方がよいでしょう。

ベンチャーでは、結果を出せばポジションは自動的に上になりますし、また、既存メンバーとの兼ね合いも重要になってきます。最初はメンバーで入って、その後、自分の実力で上に上がっていく、というくらいのスタンスが重要です。

企業がどういうフェーズにあるかを理解する

ベンチャー企業は、成長に応じて企業のフェーズが変わってきます。そして、フェーズフェーズに応じて求められる人材が変わってきます。

たとえば初期のころであれば、営業とエンジニア両方ができる人を探していたりします。それが、会社が成熟するにつれ、マーケティングができる人、総務系ができる人、営業のチームビルディングができる人、など、高度な専門性を求めるようになります。

自分の強みを理解した上で、自分がゼネラリストなのか、高度な専門性を持つスペシャリストなのかを理解し、その上で、企業のフェーズが今どこにあるのかを見極めながら、マッチングするとよいでしょう。

やりたいことより、できることを優先的に考える

ベンチャー企業に入る理由として、「やりたいこと」があるのはわかります。しかし、ベンチャー企業側からすると、その人のやりたいことより、その人が「できること」を重視します。

やりたいことがあっても、スキルがなければ、採用されるのは難しいでしょう。ベンチャー企業を受ける前に、まずは自分の「できること」をきちんと把握しましょう。

いかがでしたか?ここまでベンチャーへの転職のリスクや失敗などマイナスの面を見てきましたが、かなり上記のことに当てはまっている人はいたのではないでしょうか?いよいよ最後の見出しになりました。最後はベンチャー企業への転職に成功した人の特徴について見てきましょう!

ベンチャー企業への転職に成功した人の特徴は?

ベンチャー企業への転職に成功するには、どのような特徴があればよいのでしょうか。

「自分も新しいものを創っていく」という当事者意識を持つこと

ベンチャーの場合、自分で道を切り開いていくことが重要です。そのために、すべてのものごとを、自分ごととして捉えられる人が重要です。指示待ちの姿勢では、人も仕事もついてきません。自分で課題を見つけ、行動し続ける人は、ベンチャーに行っても成功できるでしょう。

チャレンジ精神があること

大手では、50%以上成功確率がないと、新しい仕事に取り組めなかったかもしれません。しかし、ベンチャーの場合は、10%の確率であれば、取り組んでみよう、というスピリットを持っているケースがあります。なぜなら、成功確率が高いところで大手に挑んでも、勝ち目がないからです。

こういった、リスクをとりながら、チャレンジする姿勢は、ベンチャーに転職するにあたり大きな強みになります。ベンチャーに転職したい場合は、チャレンジスピリットおよびチャレンジを具体化できる行動力が重要になります。

いかがでしたでしょうか。たとえ大手で高い評価を貰っていたとしても、ベンチャーでは求められるスキルやスピリットが異なるため、ベンチャーで必ずしもうまくいくとは限りません。ただ、もし自分がベンチャー向きのスピリットやスキルを持っているのであれば、ベンチャーへの転職を考えてみると良いでしょう。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。