マーケティング職への転職について詳しく解説!!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。 こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識、また転職、起業にかかわる全般的ことについてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

転職希望者の中でも人気のあるマーケティング職。実際はマーケティングと言っても企業毎に実務業務はバラバラであるのは事実です。しかし、市場の調査分析をもとに、経営陣と同じ視点、広い視野を持つダイナミックな職であることは魅力の一つでもあります。

今回はマーケティング職に関する詳細、必要な能力やスキル、そしてマーケティングに強みのある転職エージェントについてお伝えします!

マーケティング職って何をするの?

マーケティングとよく聞きますが、実際のところ、どのような定義なのでしょうか。この定義をはっきりと言い切れる人は皆無ではないでしょうか。

なぜならば、この定義は業界や分野、会社によって様々であるからです。

同じ業界だとしても、企業規模によっては全く仕事をしていることもありますし、定義や概念が様々であることが特徴の一つです。

一般的な広義としましては「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ことです。

狭義では「最も効率の良く商品を流通させるためにはどうすればよいかを考える」(市場調査、販売戦略など)とも言われます。

マーケティング職は、非常に曖昧に言葉が使われている職種の一つで、具体的業務内容も様々です。昨今は商品販売以外のサービス提供やIT・webサービスなど目に見えないサービスを提供している分野も拡大しているため、商品販売会社のマーケティング職と、全く異なる業務内容になりつつあるのも一つの特徴です。

具体的な業務内容については、以下のような内容があります。

・市場調査(アンケート調査、データ分析など)

・販売戦略(販売促進、プロモーションなど)

・広告

・Webマーケティング

・商品企画

・広報

など

このように非常に業務が多岐にわたり、企業の規模によっては「何でも屋」のような業務範囲が曖昧な会社も多く存在します。主にマーケティングを部署として構えているような大手企業では、ビッグデータを取り扱いながら、ユーザーの購買行動を分析し、最適な商品開発や流通戦略などに結び付ける「調査・分析」に焦点を当てているケースも多くあります。企業によってマーケティング職は様々な活動領域があります。

また、マーケティング職といえば、昨今脚光を浴びているのは「CMO」というポジションです。

「Chief Marketing Officer」の略で、直訳すると「最高マーケティング責任者」となります。発祥のアメリカでは非常に重要な役職の一つで、代表の経営判断に大きなインパクトを与える役職となっています。

一般的にアメリカでは市場調査から物流まで全て含めてマーケティングの領域と考えられており、「CMO」が統括する範囲も非常に大きいことも特徴の一つです。

マーケティング職に向いている人は?また必要なスキルとは?

前述の如く、マーケティング職は幅広い業務を担当することがありますが、代表的なマーケティング職の一つとしては、調査分析を行うマーケティング・リサーチャーがあります。

このような主に調査分析を行うことを主軸とする人は、数字に強い人が求められます。

統計学や計算能力、各種PCスキルなどが必須となり、理系出身者も多く活躍しています。

ただし、単なるマーケティング・リサーチャーの範囲にはとどまらず、多くの場合、製造部門や物流部門、営業部門などの多くの部署を数字のロジックを駆使しながら理解を得て、最適な販売体制を構築する「調整力」が重要な能力となります。多くの場合、マーケティング職が一体何をしているのか見えない分、他部署から批判されやすい部署でもあります。他部署とのコミュニケーションを取りながら関係性をしっかりと構築し、リーダーシップを発揮しながらも「調整力」を生かし、組織を動かす能力も必要となります。

その他、商品企画能力、様々な販売チャネルを開拓する営業力、経営全般から戦略を構築する高く幅広い視野、世の中の動きやトレンドに対する敏感な情報収集力、広く周知を促す広告力や広報力などがあることで、より活躍する範囲が広がります。

また、マーケティング職を目指す人にとって有効な資格は以下です。

【マーケティング業務に有効な資格】

・統計士(文部科学省認定)

・マーケティング・ビジネス実務検定(国際実務マーケティング協会)

・中小企業診断士(中小企業診断士協会)

など

昨今はIT業界を中心に、webマーケティングも脚光を浴びています。ネット上で売上を増加させることは、多くの業界でも専門家を必要としています。

ホームページのSEO対策から、EC事業の拡大、ソーシャルネットワーク(SNS)の活用方法など、webマーケティングの知識、経験は、企業側からのニーズとして非常に大きなものとなっています。

IT分野への興味がある方、webマーケティング関連に強みをお持ちの方にとって、webマーケティング職は成功する転職の一つかもしれません。

webマーケティングを目指す人にとって有効な資格は以下です。

【webマーケティングに有効な資格】

・ネットマーケティング検定

・ウェブ解析士

・ウェブアナリスト

など

未経験でもマーケティング職に就くことができるのか?

よく未経験でもマーケティング職に就くことができるかと問われることがあります。

答えとしましては「Yes」です。

しかし、未経験の場合、かなりハードルが高くなることは間違いありません。理由は大きく分けて2つです。

①マーケティングに携わる人員は少数精鋭

多くの企業にとって、営業職や製造担当者など、実務部分での採用ボリュームが高いのが実情です。市場調査や戦略に関する部署は少数精鋭であることが多いのも事実です。求職者の人気に比べて、求人枠自体が多くはないことはハードルの一つとなります。

②統計や計算能力、PC能力、コミュニケーション能力に十分な能力が必要

ビッグデータや市場調査に関する数字を根拠に、多くの部署を納得させる資料作成やロジック形成する能力が求められます。高い分析能力とコミュニケーション能力を必要とし、未経験ではハードルが高いケースが多くあります。

しかしながら、ハードルを下げることは可能です。

例えば、前述記載のような資格を保有し調査分析に対する最低限の知識を保有することをアピールすることや、また前職で得た「現場での営業経験」や「商品開発経験」などの経験を生かすことで、転職先の求める能力をカバーできるようであれば未経験だとしても転職の可能性は上がるでしょう。

マーケティング職の転職におすすめする転職エージェントは?

マーケティング職への転職に有効な転職エージェントについて数社ご紹介いたします。

・リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/

特徴:3大エージェントの一つで、人材企業リクルートグループです。

業界第1位の転職エージェントであり、登録数も多いため、募集しているマーケティング職求人も豊富に取り揃えています。

・マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/

特徴:毎日新聞系列の転職エージェント。

大手企業や良質な中堅企業を中心とした求人が多く、マーケティング職求人も多いことが挙げられます。

・DODAエージェントサービス

https://doda.jp/consultant/

特徴:3大エージェントの一つ。

リクルートエージェント同様、豊富な求人数からマーケティング職求人があります。

・JACのマーケティング転職.com

http://www.marketing-jac.com/

特徴:JACグループの一つ。

マーケティングに特化した転職サイトを軸としたエージェント。

・ワークポート

https://www.workport.co.jp/

特徴:IT特化型の転職エージェントです。

webマーケティングに関しては、多くの求人がラインナップしています。

以上です。

いかがでしたでしょうか。

マーケティング職と言っても非常に多くの業務内容があります。

マーケティング職の中でも、何を軸として、どのような業務内容に強みを発揮できるのか、自らの棚卸と合わせて慎重に情報収集することが欠かせません。

未経験で転職することも一つですが、将来の進みたい分野に近い業界や職種でマーケティングに近い業務を経験し、その経験した能力を生かして転職することも有効なステップの一つです。

マーケティング職は全般的に少ない求人数ではありますが、複数の求人サイトに登録し多くの情報収集をしたうえで、実際の業務内容を確認しながら失敗しない転職を心がけたいですね。

 

 

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。