SEO関連の転職についてのまとめ!!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。 こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。 今回は、SEO関連会社への転職についてまとめてみました。

SEOという言葉をご存知でしょうか?SEOとは、「Search Engine Optimization」の略称であり検索エンジンの最適化のことを意味します。SEOによりインターネットを利用した集客やホームページの品質を向上することにつながります。そこで、“具体的にSEOとは何なのか?”、“SEOにおける仕事内容はどのようなものなのか?”詳しくご紹介します。

SEOとは

SEOとは、“Search Engine Optimization”の略を指します。グーグルやヤフー、楽天などが提供している検索エンジンにおいて、検索エンジン最適化を意味する言葉になります。これは、インターネットの発展に伴い検索エンジンにおける検索結果でウェブサイトへのアクセス数が増えることから知名度が広がりました。

SEOを実施する目的は、ウェブサイトにおいて検索をユーザーにしてもらうことでビジネスを加速(発展)させることです。大まかにSEOと言っても、設計から技術、マーケティングなど様々な側面からサイトを改善することが大切です。これは、意味のある設計や技術、マーケティングにより自社のウェブサイトが多くの露出を得ることにつながるからです。

SEOと広告は、勘違いされやすいですが広告とは大きく異なるものであり、アクセスを得るために費用がかからないことが挙げられます。自社のウェブサイトにアクセスを集めたい商用メディアは、SEOに力を入れているケースが多く存在します。一般的に、検索エンジンからアクセスを増やすために上位表示を狙うことが知られています。このような背景から現在は、上位表示を狙うだけがSEOとして知られています。これは、偽装工作と言っても過言ではなく、本来あるべき姿のSEOとしての費用対効果を得られません。

仕事内容

SEOに関連した仕事は、非常に複雑な仕事です。多くの知識を必要としており、最も変化の速い分野ともいえます。様々な検討や解析に多くの時間も必要とします。そんなSEOに関連した仕事内容についてご紹介します。

検索エンジンにおけるサービスを導入し、サイトへのユーザーの流入を増加させる

検索エンジンは、インデックスに登録するものになります。そんな中で、広告リンクの新しいガイドラインやグーグルの提供する新しいサービスの導入、プログラムの変更などを行います。グーグル以外にもヤフーなど、検索エンジンに適した方法でサイトを磨いていきます。

アクセシビリティ&サイト巡回

日々変わるパラメータやワード文書やPDFファイルなどのコンテンツなど、ウェブサイトを最適化する上でこれらの要素は定期的に変わり続けます。そのため、常に意識して情報収集することと新しい手法などを把握しておく必要があります。

他社サイトとの重複しているコンテンツがないかしっかりと監視する

他社のサイトと重複しているコンテンツを自社サイト上に掲載してしまうと著作権などの法律に触れてしまいます。これは、SEOにおいてサイト上をしっかりと監視していないことが原因となり発生してしまいます。

キーワードリサーチ

検索エンジンにおける大切な項目が、キーワードです。ユーザーがごのようなキーワードを用いることで検索エンジンを利用しているかリサーチすることで効果的なサイトへのアクセスにつながります。

アルゴリズムが変化するからこそ早急に適応させる

SEOにおいて、キーワードの用法やリンクの効果など検索エンジンにおけるアルゴリズムは常に変化しています。現在のSEOにおける担当者は、2年後から4年後にかけて検索エンジンがどのような方向へと進んでいくのか予測することが求められています。

コンバージョン率の最適化

SEOを担当する上で、自社のサイトをユーザーに適切な形で届けるプロセスが重要です。

ウェブデザイン

SEOにおいてサイト上のデザインは、ユーザーに与える印象などとても重要な要素です。サイトのレイアウトや要素構成などしっかりと作りこまなければ訪問者やリンク、信頼性を失いかねません。

ウェブ解析

キャンペーンの効果やABテストなど解析することでウェブサイトをより良い方向へと導くことへとつながります。

 

求人情報

SEOに関連する職業は、多くの求人が掲載されています。具体的に、コンテンツマーケティングディレクターやウェブを活かしたコンサルティング、新規事業におけるディレクションなど多岐にわたります。

株式会社インターワークス

業務内容は、マーケティング責任者としてウェブメディア事業における、SEOを中心としたマーケティングの企画・戦略・実行、マネジメント業務です。SEOを中心とした戦略立案および実行を担当します。他にも、マーケティング全般の戦略立案や、マーケティング領域のマネージメントを担当する可能性もあります。

株式会社アイレップ

SEOディレクターとして、顧客の課題解決のためのソリューションを提案します。中長期の案件において、ヒアリングから提案、実行、運用、効果測定まで分析に関する一連の流れをコンサルタントとして携わります。

株式会社EPARKグルメ

ECサイトの企画を中心として、幅広いフェーズを経験することが出来ます。パッケージ本体、システムとのインターフェース、その他のECビジネスなどあらゆる分野における企画や開発に携わることが出来ます。

一口にSEOといっても様々な種類があり、それぞれで求められる能力が異なります。だからこそやりがいがあるし、結果が出たときの達成感もあります。もし興味や関心がある方々は是非検討してみてはいかがでしょうか。

以上「SEO関連の転職についてのまとめ!」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。