AR業界に求められる人材とは!?

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

ARとは

ARとは、「Augmented Reality:拡張現実」の略称を指します。現実世界に付加価値を加えることで、現実世界を拡張する技術のことであり、現実での風景にテクノロジーを活用したバーチャルの情報を表示することで現実世界を仮想的に表現します。現実世界をベースとしており、そこに様々な視覚情報を与えます。スマホに搭載されているGPS機能やカメラ機能を利用することで、これまでに存在しない情報処理が可能となりました。その発展に伴い誕生した技術がARと言えます。

ARを使用した具体的なサービス

ARを使用した具体的なサービスは、「ポケモンGO」です。2016年に世界的なブームを起こしたスマフォゲームであり、現実世界にポケモンが存在するかのような体験を与えます。このAR技術によりスマホ画面上に現れたかのような実在感を与えます。

ARとVRの違いとは?

ARと同じように話題になるのがVRです。VRは、「Virtual Reality」の略称でありARと同じように視覚的にユーザーに体験を与える技術です。ARが視覚情報を表示させる「拡張現実」に対して、VRは機器を身に着けることで仮想世界に視覚映像を投影させる「仮想現実」です。非現実的な空間に、映像を通して現実空間と変わらない世界観を表します。

AR業界の仕事内容

AR領域に関する求人内容は、VR領域での求人と類似しています。職種の内訳は、ディレクター、CGクリエイター、バックオフィス、リサーチャー、マーケティング等、様々な職種があります。仕事内容において特徴的なのは、ARやVR業界での経験が必須条件ではないということです。そのため、経験がなくても興味や関心、熱意があればチャンスのある業界です。例えば、CMやCGクリエイター、アニメーター、ゲーム制作などの経験はAR業界において効果的な作業へとつながります。

VR業界の仕事内容は、ソフトウェア開発やAR事業の企画・営業・開発等です。

AR業界に求められる人材

AR業界に求められる人材は、「ARならでは」という視点で物事を捉えられる方です。AR市場は、世界的に大きな注目を集めており様々な企画・開発がなされています。今後の急成長市場として期待されているからこそ、このような考え方を持った人材が求められます。

そこで、求人に記載されている職業ごとの具体的な能力等についてご紹介します。

“3DCGデザイナー”

仕事内容は、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStationVRをプラットフォームとしたゲーム領域でのコンテンツ制作です。特に、ゲーム制作経験が必要とされる職業であり、モデリングやモーション、エフェクト、キャラクターなどの担当が割り振られます。ゲーム制作経験以外には、3DCG制作実務経験1~2年以上が求められています。

持っていて優位なスキルは、Unity等を用いたゲーム開発、モデリング作業経験、アニメーション制作経験です。

“エンジニア”

仕事内容は、大きく分けてサーバーサイドとクライアントサイドに分けられます。新しい領域であることからゲーム開発で必要とされるスキルと大差ありません。そのため、ゲームエンジニアとしての知識や経験、スキルが非常に役立ちます。

サーバーサイドの場合は、PHPなどの言語を用いた開発経験が必須です。他には、アプリケーションの開発経験や運用経験、システムの構築経験等が持っていると優位なスキルと言えます。

クライアントサイドは、ゲームエンジンに関する技術やプログラミング知識、3D数学の開発経験が必要です。一番求められるのは、ゲーム好きであることでありAR領域への興味や関心が大切です。

“ゲームプロデューサー”

プロデューサーに求められるのは、3Dゲームの企画や開発経験です。現在は、AR領域でのプロデューサーは多く存在しないことから求められる知識やスキルはこれから定められていきます。

AR企業についてさらに詳しく知りたい方はこちらへ!

ARを手掛けている企業は?詳しく解説します!

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。