VALUの仕組みについて詳しく説明します!!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。

こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

今回はVALUの仕組みについてまとめてみました。

2017年5月に誕生して以来、あっという間に話題になったサービス、「VALU」をご存知でしょうか。仮想通貨を使って取引が可能なことや、ホリエモンこと堀江貴文氏や、田端信太郎氏らが参加も参加したことでインターネット界隈では一気に火がついたサービスです。今回は、その「VALU」について、仕組みやメリット、デメリット、そして簡単な始め方まで解説します。これであなたもVALU通になれるかもしれません。

「VALU」とは?

そもそも、VALUとは、どのようなサービスなのでしょうか。

VALUは、ひとことでいうと、「個人単位で株を発行し、その株の売買ができるサービス」になります。

通常株式会社は、資金を調達するために、株を発行します。株は上場していれば、多くの人が売り買いできます。買っている人にとってメリットがあれば株価は上がりますし、逆に、メリットがなければ株価は下がります。VALUは、これと同じことを個人間取引として行っています。

VALUは、「VALUER」と呼ばれる人たちが、「VA」を発行するところから始まります。株式会社は「VALUER」で、「VA」が株のようなものだと思ってよいでしょう。誰でもVALUERになることは可能です。

このVAを、参加者同士で自由に売り買いできる、というのがこのサービスの面白い点です。個人の人気や信用によって、VAの値段は上がり下がりします。この点は、株の売買とあまり変わりません。さらに、VAの価値を上げるために、VALUERは、出資者に対してサービスを提供したり、コンテンツを公開したりしています。これは、株式会社の「株主優待」の仕組みとよく似ています。

しかし、これらはすべて、「ビットコイン」を通じて行われる取引です。現金で行われる株の売買とは、この部分で大きく異なります。逆にいうと、ビットコインがあったから、成立したサービスであるともいえるでしょう。

「VALU」のメリット、デメリット

VALUにおける1番のメリットは、個人がお金を集めることができる点です。たとえば、クリエイターが資金を集めたい、と思ったとします。今まではお金を借りるか、なんとかして自分で集めるか、しかありませんでした。

しかし、VALUが出たことで、その作品に価値があれば、それを優待にすることで、ファンがVALUを買ってくれるわけです。そうすることで、資金調達が可能になります。

クラウドファンディングに近い仕組みではありますが、クラウドファンディングはテーマを絞る必要があり、また、継続性のないものになります。しかし、VALUの場合、個人が自由に優待を設定することが出来るため、より手軽に資金を集めることが出来る、と言えるでしょう。

また、ビットコインに連動していることから、ビットコインの価値が上がれば、VAの価値も上がります。そうすると、VAを発行した人も、VAを保有している人も、持っている資産が大きくなるのですね。今まで、人の価値というのは、いわゆる作品の値段や時給などでしか評価できませんでしたが、VALUができたことにより、人の「資産」としての価値が可視化できるようになったのは、大きなメリットではないでしょうか。

もちろんデメリットもないわけではありません。デメリットとしては、自由度が高いゆえに、悪用することもできてしまう、ということがあります。Youtuberである、ヒカル氏が、VAのつり上げを狙い、仲間だけが得をした、というような事件もありました。

株式市場はきちんとしたルールのもと運用されていますが、VALUはまだ未整備の状態であり、また、ビットコインそのものも、市場が未整備であることから、法規制等をきっかけに、VAの価値が急落してしまうリスクは存在します。

また、現時点でVALUは退会するのも入会するのも自由です。退会する場合、その人のVAはゼロになる可能性があり、損をする人が出る可能性もあります。これも、ルールが未整備であるゆえに起こりうる事象になります。

早速、VALUを始めてみよう!

では、VALUを始めるには、どのようにすればよいのでしょうか。

VALUを始めるのに、難しい登録等は一切必要ありません。Facebookのアカウントさえあれば、簡単にVALUを始めることができます。

簡単な登録が終わると、事務局の審査のもと、貴方の初期のVALUが決定します。VALUは、事務局が手作業で承認しているようで、1週間程度待つこともあるようです。

VALUが決まれば、発行VA数を決めることができます。VALUの総額は決まっているので、それを100に分けるか、10000に分けるかを決めます。発行数が多ければ、その分1VAあたりの価値は薄まりますので、多ければいいというわけではありません。こうして、VAを売りに出すことが可能になります。

一方、VAを買うことも可能です。VAを買う場合は、ビットコインを持って、買いたい人のVAに値段を入れるだけです。同じく売りたい人が価格を設定していますので、売りたい価格と買いたい価格が一致すれば、取引成立です。あとは通常の株のように、売買が可能です。最初のハードルは高いかもしれませんが、思った以上に簡単に取引ができます。

VALUの仕組みについて詳しく説明します!!のまとめ

VALUは、自分自身の価値を可視化し、売買することができる、近未来的な仕組みです。資金調達に活用したり、売買でビットコインを稼ぐことができたりなど、メリットもある一方、まだルールが未整備で今後どうなるかわからない、というリスクがあります。

とはいえ、好きなアーティストやクリエイターを応援するツールや、コミュニケーションツールとして発達する可能性もあります。自分のVAを発行するだけなら、お金を使うこともないので、まずは気軽に始めてみて、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。