孫正義を知りたいならこれを読め!関連する本7選

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。

こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

孫正義といえば、日本を代表する起業家といって間違いないでしょう。一代で時価総額約10兆円の企業を作り上げ、なおその成長の手を緩めず、海外でのM&Aや、ロボット、人工知能への投資を繰り返しています。

孫正義のようなベンチャースピリット、徹底してやる力、深く掘り下げる思考力、とことんやる実行力などは、ベンチャー起業家でなくてもあこがれるところです。では、そのような彼のスピリットは、どのように培われたのでしょうか。ここでは、孫正義に関する本を紹介することで、彼の哲学や半生に触れてみたいと思います。

読むべき7冊その1「志高く 孫正義正伝」

孫正義が書いたわけではないですが、本人が公認している自伝になります。孫正義の半生について、ここで大枠を学ぶことができます。

孫正義の「交渉力」や「大きく考える力」は、学生の時からすでにその素質の片鱗が発揮されていたことがわかります。また、今後のビジョンとして、300年成長する企業を作る、そのためには、今の成功で満足することなく、更に前に進む必要がある、と言い切っている点に、スケールの大きさを感じます。

孫正義の半生を一気に知りたい、という方におススメです。

読むべき7冊その2「孫正義 300年王国への野望」

こちらは、元日経新聞の記者の杉本氏から見た、孫正義という人物の解説になります。70人以上にインタビューを行っています。

細かいエピソードが多く、ジョブズとの会談や、ニケシュ・アローラ氏の退任まで、世間を驚かせたニュースの裏側まで、しっかり入り込んで解説されています。また、成功事例だけでなく、失敗も書かれているので、そこから学ぶことも多いかもしれません。

こちらは、より広い視点で、孫正義のエピソードを知りたい、という方におススメです。

読むべき7冊その3「レイクロック自伝 成功はゴミ箱の中に」

こちらは、孫正義の直接の自伝ではありません。しかし、孫正義に大きく影響を与えた、マクドナルドを全米一大チェーンにした、レイクロックの自伝です。巻頭文をユニクロの柳井さんが書いており、あとがきを孫さんが書いています。また、巻末に2人の対談が載っています。

ビジネスを広げていく中で「信念」と「やり遂げること」が最も重要だ、ということが、様々なエピソードを通じて伝わってきます。

本書を通じても、孫さんの考え方の一部を知ることができます。映画化もされましたので、読み物としてもおススメです。

読むべき7冊その4「あんぽん 孫正義伝」

あんぽんとは、孫正義が日本に帰化した時の「安本正義」から来ている、昔の孫正義のあだ名です。このことからもわかるように、孫正義の幼少期について、特にフォーカスを当てている本になります。

実は、孫正義の生家は、貧乏で、当時は差別を受けていたそうです。そこから、10兆円企業を作るまでに、なにがあったのか、孫正義の強い意志と反骨心はどこから来ているのか、家族ということを切り口に、深くまで掘りさげた本になります。

孫正義のルーツをさぐりたい、という方におススメです。

読むべき7冊その5「孫正義の焦燥 俺はまだ100分の1も成し遂げていない」

本書は、どちらかというと、最近のソフトバンクの事業にフォーカスを当てています。アメリカでのM&Aやロボット事業、エネルギー事業など、大企業としてのソフトバンク、にフォーカスされた一冊になります。

我々の目からは成功を収めているように見えるソフトバンクも、孫正義の目からすれば、「まだまだ」に映るようです。そういった視点で見る、現在のソフトバンクが抱える課題や、ソフトバンクのこれからの方向性について、詳しく書かれています。

まさに、「今」のソフトバンクを知りたい、という方におススメにの一冊といえるでしょう。

読むべき7冊その6「孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学 」

こちらは、孫正義が20代に考えたという、「孫氏の兵法」に「自分の経営哲学」を足した、25の漢字を紹介するという、孫正義の哲学が書かれている本です。2007年に初版が出版されていますが、2010年に孫正義自身が「ソフトバンクアカデミア」でこの法則を大幅に刷新させたことで、大きく改変を加えたものが文庫版になります。なので、買う場合は文庫版をお勧めします。

25の漢字に、それぞれ経営哲学が込められています。内容も、どちらかというと、具体的な内容というよりも、大きな哲学や、進むべき道の話が多くなっています。

また、19歳の時に建てた、人生50年計画についても紹介されています。あまりのスケールの大きさに、驚いてしまう人もいるのではないでしょうか。

孫正義の哲学に触れてみたい、ビジネスというより、生き方について知りたい、という人におススメの1冊です。

読むべき7冊その7「孫正義 奇跡のプレゼン」

最後は、孫正義の最たる強みの一つである、「プレゼン力」にフォーカスした1冊を紹介します。

孫正義のプレゼンについて、その強みがわかりやすく書かれています。さすがは元側近の方が書いただけあって、わかりやすく、そして随所に孫正義らしい「強さ」を見せるプレゼンの極意を書いてくれています。

これは、孫正義を知るという意味でもそうですが、単純にプレゼンスキルを高めたい、という方にもおススメできる一冊です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?孫正義の半生を知るための本から、孫正義が影響を受けた例クロックの自伝、また、孫正義の成功哲学について書いた本まで、幅広く7冊紹介させていただきました。

この外にも、孫正義について書かれた本は沢山ありますが、この7冊を読めば、孫正義の考えていること、これからのソフトバンクの未来、起業家に必要な考え方、哲学等が一通りわ

かると思います。まずは気になった一冊から、読んでみてはいかがでしょうか。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。