【徹底解説】アクセラレータープログラムを分かりやすく紹介!!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。

こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

今回は、アクセラレータープログラムについてまとめてみました。こちらをご覧になっていただく事でアクセラレータープログラムとは何か、インキュベーターとの違い等、参考になるかと想いますので、是非最後までお読みください。

アクセラレータープログラムとは

多種多様な業界の大企業が取り組む「アクセラレータープログラム」というものが広まってきています。

この言葉を聞き慣れない方もまだ多いのではないでしょうか。Accelerator(アクセラレーター)とは、自動車などのアクセルをイメージすると分かりやすいかもしれません。加速、加速装置、促進剤というような意味の英単語です。つまり、ベンチャー企業(主にアーリーベンチャー企業)の成長を加速、促進するためのプログラムです。

「アクセラレータープログラム」の開催者は大きく分けて3つに分かれます。

①大企業(事業会社)

②自治体、地方公共団体等

③ベンチャーキャピタル、金融機関等

「アクセラレータープログラム」の特徴としては、①大企業が主体となっている部分が注目すべき点です。既に市場で多くの経験、実績、シェアを持っている大企業がアーリーベンチャー企業に支援をする公的な「場」としては画期的だと言えます。

自治体やベンチャーキャピタルが主催する支援プログラムは古くからありますが、今回は大企業とアーリーベンチャー企業との「アクセラレータープログラム」を中心に解説します。

多くの場合、「アクセラレータープログラム」は期間が設定されており、研修やセミナーなどを通し、戦略的に特定の分野を成長させるためのアーリーベンチャー成長プログラムを設定し、成長を促すことを目的としています。最終的には大企業とベンチャー企業双方がそれぞれを理解し、双方の思惑が一致した場合、大企業は資金提供を行うことが一般的です。

実際には、ビジネスコンテストとして、事業プランのブラッシュアップを中心としてサポートするケースが多く、最終日に発表会などで締めくくるといったプログラムが多いのは事実です。

それでは、この「アクセラレータープログラム」はどのようなメリットがあるのでしょうか。

大企業側のメリット、アーリーベンチャー企業側のメリットについて見てみましょう。

アクセラレータープログラムのメリット

【大企業側のメリット】

・既存市場、既存事業の強化、拡大

大企業にとって成長の鈍化、市場縮小、売上減少など既存事業でも課題を抱え、成長しにくくなっているケースもあります。

「アクセラレータープログラム」を通して、この既存事業における課題解決、顧客満足拡大、品質強化等、既存事業、既存市場のさらなる増強などを、ベンチャー企業と提携することで解決できる可能性があります。

・新しい事業領域への進出

既存市場が成長鈍化、市場縮小している大企業も少なくなりません。人材や資金などが豊富でありながら、新しい事業が失敗するケースも多いのも事実です。

「アクセラレータープログラム」を通して、ベンチャー企業と協力し、技術やアイディア、パテントなどを生かし、新しい事業分野への進出の可能性が広がります。

・ベンチャー的風土の拡大

「大企業病」という言葉もありますが、大企業の風土として安定を優先し、リスクを回避する傾向があります。新しい事業に挑戦しようとしない、または積極的に関与しないという考え方が多くの社員に根付いてしまいがちです。

このような風土を打破するために、ベンチャー企業のチャレンジする姿勢、考え方を常に取り入れる、近くで接することを仕組みとして取り入れること自体大企業にとってメリットとなりえます。

既存社員は、多くの場合、メンターとして各ベンチャー企業と事業についてしっかり話し合える機会があります。一定期間内ではありますが、ベンチャーの刺激を受け、リスクテイクすることの重要性、そして育成することのノウハウを含め、改めて学べる貴重な機会となります。

【アーリーベンチャー企業側のメリット】

・実績、経験豊富な大手企業から学べる

「アクセラレータープログラム」の多くはメンターと呼ばれる担当者社員と密接に話し合いが行われます。

大企業が経験してきた実績、経験を学ぶことが可能となります。業界内の慣習やNG事、成長するためのヒント、事業領域の立ち位置分析等、見えなかった視点からのアドバイスも得ることができます。

・大手企業からの資金投資がある

アーリーベンチャーにとって大きな課題としては、資金の課題があります。「アクセラレータープログラム」は多くの場合、資金提供がなされます。大手企業との資本関係を結ぶことで、運営資金の取得及び信用強化の効果があります。特に知名度のないアーリーベンチャー企業にとって、大手企業との資本関係が新しい取引の信用拡大に寄与できます。

・大手企業のリソース、販売チャネルの活用

大手企業との提携が実現することで、大手企業が持っているネットワーク力、販路、輸送力、情報力などを得ることができ、レバレッジを利かせることが可能となります。

「アクセラレータープログラム」を通して、事業そのものの拡大が可能となるケースもあります。

※また多くの場合、オフィスの用意などもあります。

アクセラレーターとインキュベーターの違い

アクセラレーターとインキュベーターの違いについて混同されることが多くあります。同じような印象を受けますが、どのような違いがあるのでしょうか。

以下、違いについてみてみましょう。

【期間】

アクセラレーターは期間が設定されています。多くの場合3か月から6カ月の期間設定があります。

インキュベーターは多くの場合、期間は設定されていません。

【プログラム内容】

アクセラレーターは期間が設定されていることもあり、短期間で集中的に一定の分野をカバーしたプログラムを設定します。

大手企業の事業会社が主体となるケースが多いため、既存事業範囲に絞った特定分野のプログラムなどが主体となります。

インキュベーターの場合、広範囲に成長するための一般的な企業成長のあり方などが比較的中心となります。

【目的】

アクセラレーターは大手企業が主体となったプログラムのケースが多く、大手の事業会社が成長、事業拡大を目指すことが目的となっていることが多いのも特徴です。

一方、インキュベーターは世の中にないビジネスモデル、新規性の高い革命(イノベータ)を起すための事業が中心となり、イノベーションを重視しています。

つまり、アクセラレーターは開催する大手企業の事業領域を意識する必要があり、双方の目的がある程度一致する必要があります。

アクセラレータプログラム一覧

以下、代表的なアクセラレータプログラムの一覧をお伝えします。

【アクセラレータプログラム一覧】

・TOYOTA NEXT(トヨタ自動車)

https://toyotanext.jp/

特徴:世界最大級の自動車メーカー。車両情報ビッグデータ、5,000店舗以上の販売店ネットワークなどが強み。

・JR東日本スタートアッププログラム

https://www.jreast.co.jp/jrestart/

特徴:日本最大級の交通インフラを保有。交通、観光、インバウンド、小売、流通、飲食、サービス、まちづくり、IT、決済分野などに強み。

・IBM BlueHub

http://www-07.ibm.com/ibm/jp/bluehub/

特徴:国内外のネットワーク、最先端テクノロジー情報などが強み。

・MUFG Digitalアクセラレータ(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

https://innovation.mufg.jp/accelerator/

特徴:フィンテック(金融ビジネスモデル+技術)分野、三菱UFJフィナンシャル・グループからの出資などが強み。

・富士通アクセラレータプログラム

http://www.fujitsu.com/jp/innovation/venture/fap/

特徴:17万社にも及ぶ顧客基盤、販売チャネル、保守サポート体制、コールセンター等が強み。

・コードリパブリック(Yahoo!Japan、YJキャピタル)

https://www.coderepublic.jp/

特徴:ヤフーグループのリソース、YJキャピタルによる出資等。

・「VOYAGER(ボイジャー)」(野村グループ)

http://accelerator.nomura.co.jp/index.html

特徴:グループ預かり資産残高約100兆円、約540万口座、159店舗、セールス7,000名などが強み。

・LIVE LABORATORY(サザビーリーグ)

http://www.sazaby-league.co.jp/live-laboratory/

特徴:600店以上の店舗ネットワークなどが強み。

・SEINO Accelerator

https://creww.me/ja/collaboration/seino-2017-05

特徴:セイノーグループ83社、社員約30,000人、約900箇所の事業所ネットワークが強み。

・Asahi Shimbun Accelerator Program(朝日新聞)

http://www.asahi.com/shimbun/medialab/accelerator/

特徴:全国朝日新聞情報ネットワークなどが強み。

以上です。いかがでしたでしょうか。

アクセラレータープログラムは大企業とアーリーベンチャー企業との新しい連携を生み出しうる仕組みともいえます。アーリーベンチャー企業の新しい発想、アイディア、能力を生かし、大企業と共に成長を促すことができます。

資金だけの支援では社会を変えるベンチャー企業は成長しません。知識やネットワーク、大企業の信頼性を背景に、新しい技術やサービスがよりスピーディに広まる可能性があります。

しかし、このプログラムの一番のメリットは、本来つながり合うことが少ない「人」と「人」が信頼でつながり合うことなのかもしれません。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。