【転職編】コンテンツマーケティングに詳しく見ていく!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。

こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

今回は、コンテンツマーケティングについてまとめてみました。

こちらをご覧になっていただく事でコンテンンツマーケティングとは何かからコンテンツマーケティングの転職情報まで、参考になるかと想いますので、是非最後までお読みください。

コンテンツマーケティングという言葉は西暦2000年初頭にアメリカで生まれた言葉であり、まだまだ新しい概念です。昨今、日本においてもコンテンツマーケティングという考え方が浸透してきましたが、その実態を知る人は決して多くないでしょう。

今回はコンテンツマーケティングの実態を解き明かし、どのような人材がコンテンツマーケティングの職において求められているのかを見ていきます。それを知ることで、コンテンツマーケティングの仕事への転職の道が拓けてきます。

コンテンツマーケティングとは

はじめに、コンテンツマーケティングとはどのような概念なのでしょうか。

コンテンツマーケティングの概念をめぐっては様々な考え方が存在します。

たとえば、コンテンツマーケティングとはSEOを指す言葉だという考え方もあれば、多くの人を集めるコンテンツを作成することだという考え方もあります。

しかし、以下のアメリカで生まれた当初のコンテンツマーケティングの定義こそが最も根本的な概念です。

コンテンツマーケティングとは、価値があり、関連性が高く、一貫性のあるコンテンツの作成と配信に重点を置いた、戦略的なマーケティング手法である。特定の明確な顧客層を引き付けて、保持し、最終的には収益性の高い顧客行動を促すものである。」となります。

出典:http://contentmarketinginstitute.com/what-is-content-marketing/

つまり、前述したSEOや多くの人を集めるコンテンツの作成はあくまでコンテンツマーケティングの1部であり、それらを総合して顧客行動を促すものがコンテンツマーケティングです。

このようにコンテンツマーケティングの概念は非常に幅広く、汎用性の高いものであることがわかります。

コンテンツマーケティングに不可欠な要素を敢えて箇条書きすると、以下のようになります。

  • 特定の範囲の顧客層を選別
  • ①の顧客層にとって価値があり、一貫性のあるコンテンツの作成
  • ①の顧客層が②のコンテンツに触れることで、最終的に顧客行動を起こさせるようなアプローチ

コンテンツマーケティングにおいては、質の高いコンテンツが存在しても、顧客層の選別を誤ったり、アプローチの方法を誤ってはいけません。

WEBコンテンツ企業に関して

昨今は誰もが意思決定のための情報収集にインターネットを利用していると言って過言ではありません。

そのため、インターネットの世界において的確なコンテンツマーケティングを行うことは、特定の顧客に行動を起こさせるために必要不可欠です。

インターネットによるマーケティングを制する者が、マーケティングを制するのです。

そして、インターネットの世界でコンテンツマーケティングを成功させるためには、上質なWEBコンテンツを作成することが第一に求められます。WEBコンテンツとは、文章、画像、動画等のインターネットで公開されるコンテンツの全てを指します。

いかにSEO対策が適切であり、いかに消費者へのアプローチの道筋が正しくとも、肝となるコンテンツに魅力がなければ、消費者の気持ちを掴むことができません。自社で適切なWEBコンテンツを作成することができない場合は、WEBコンテンツの作成が他社に外注されることがあります。

このようなWEBコンテンツ作成を請け負う企業が増えてきていますが、WEBコンテンツ作成の仕事にはどのようなやりがい、メリット、デメリットがあるのでしょうか。

WEBコンテンツ作成を請け負った場合、最終的な目的な依頼主である企業や個人に対して、コンテンツを享受した消費者に顧客行動を行わせることです。そのため、WEBコンテンツ作成の仕事においては、以下の能力が必要とされます。

  • 依頼主である企業や個人の特性を適切に把握する能力
  • 依頼主に対する顧客行動を起こさせるコンテンツを作成する創造力

ある意味において、WEBコンテンツには正解がありません。特定の人には見向きもされないようなコンテンツが、他の特定の人を強烈に惹きつける場合があります。コンテンツ作成においては個性が絶対的に必要となります。無個性なコンテンツは誰にも刺激を与えず、誰も惹きつけることができないのです。

このようなWEBコンテンツ作成の仕事は、独創性と創造性をもって臨むことのできる非常にやりがいのある仕事ですが、その反面、機械的に業務をこなすだけで成功させることのできる仕事ではなく、時に大きな壁にぶつかるものです。自身の頭の中に広大な世界が広がっており、それを流行に則った形に落とし込むことに生きがいおよび遣り甲斐を感じる人であれば、コンテンツ作成の仕事は天職となるでしょう。

コンテンツマーケティング・コンテンツ企画の求人

コンテンツマーケティングの概念が広まったことを受けて、日本においてもコンテンツマーケティングを担当する求人が増えてきています。しかし、実際の求人においては、広く一般的なコンテンツマーケティングの能力は求められておりません。各種実務の現場で求められる能力は、狭く深い専門的なものなのです。

具体的に所属する企業の売上を高めたり、WEBコンテンツ作成の依頼主に沿った具体的なコンテンツマーケティングを行う能力が求められるのです。つまり、実務の現場でコンテンツマーケティングを行うためには、その分野に関する専門知識が不可欠となります。

例えば、ダイエットサプリを販売する会社から、ダイエットサプリを紹介するブログの作成を依頼された場合、ダイエットサプリそのものに関する知識はもちろん、ダイエットを失敗する原因、ダイエットに関する心理学、SEO知識、文章作成術等の非常に幅広い知識と能力が求められます。

コンテンツマーケティングの仕事に就きたいと考えている方は、どのような分野に関するコンテンツマーケティングを担当することになっても知識を一から学ぶことのできる謙虚さ、独創性、根気強く取り組むことのできる粘り強さが必要となることを覚えておいてください。コンテンツマーケティングは非常に大きなやりがいのある仕事です。

いかがでしたでしょうか?コンテンツマーケティングの仕事は、独創性を発揮する機会があり、非常にやりがいのある仕事です。もしも自分の趣味や特技に属する業界におけるコンテンツマーケティングの求人があれば、貴方の知識や経験が大きな武器となるでしょう。

しかし、自分が知識を持たない分野についての依頼に対しても、前向きにポジティブに知識を吸収していく謙虚さと純粋さも必要となります。コンテンツマーケティングは情報過多の現代において、ますますその必要性が高くなっています。

コンテンツマーケティングの仕事への転職をお考えの方は、貴方の知識と独創性をもって、他の類を見ないコンテンツマーケティングの実現に挑戦してみてください。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。