DeNA出身の起業家についてのまとめ!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。 こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。 今回は、インターネット業界大手のDeNA出身の起業家・経営者についてまとめてみました。 こちらをご覧になっていただく事で、DeNA出身の起業家はどんな人がいるのか?どういった経歴を経て今に至っているのか?等、参考になるかと想いますので、是非最後までお読みください。

DeNAとは

DeNAと言えば、2000年代中頃から提供を始めたモバイル向けのソーシャルゲームで一世を風靡し、一気にネット企業の大手に上り詰めた企業です。現在では、プロ野球チーム・横浜DeNAベイスターズの運営など、ゲームの枠を越えた事業にも精力的に携わっています。まずは、そんなDeNAの今の姿を簡単にご紹介します。

DeNAの事業の中心は現在も、DeNAの名を世に知らしめる原動力となった、スマホ向けのゲームアプリをはじめとするインターネット関連サービスの開発・運営です。主力のゲームを含むエンタテイメントアプリの提供数は1000を優に超え、サービスのプラットホームをパソコンにも拡大するなど、その勢いは衰え知らずです。

DeNAがネット上で展開するサービスの約半数は、上記のようなエンタテイメント関連のものですが、それ以外にも、モバイルからの利用に注力したオークションサイトの「モバオク」(Eコマース分野)、自分の発病リスクや体質などの遺伝的傾向を知ることができる遺伝子検査サービスの「MYCODE(マイコード)」(健康分野)、自動運転車両による交通システムサービスの「ロボットタクシー」、「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」(交通分野)など、いくつものユニークな事業に取り組んでいます。

またさらに、モバイル・インターネットの分野で将来性が見込まれるベンチャー企業への投資や、陸上競技アスリートへの支援を軸にスポーツの普及発展をめざす「横浜DeNAランニングクラブ」運営などの活動においても注目を集めています。

企業としての輪郭をざっと辿るだけでも、エネルギッシュという言葉がピッタリくる印象のDeNAですが、その力の源はどこにあるのでしょうか? DeNAは自社による活動のみならず、チャレンジ精神溢れる「活きのいい」ベンチャー起業家を多く輩出していることでも知られています。そんなDeNAの起業精神を育む文化とは一体どんなものなのでしょうか。

なぜ起業家が多いのか?

DeNAからはこれまでに、広く知られているだけでも20人以上の起業家が巣立ち活躍しています。なぜDeNAではベンチャー精神を持つ人材が育つのか。その理由は、DeNAが現在も掲げる理念や、DeNA創業者の南場智子氏の言葉の端々から感じることができます。

現代表取締役でもある南場智子氏は、事あるごとに「新しいことに挑戦し続けること。それがDeNAのDNA」と語っています。この考え方はDeNAのウェブサイトに掲載されている現社長・守安功氏からのメッセージでも強く打ち出されています。DeNAが掲げるミッションやビジョンには、「世界」、「永久ベンチャー」、「デライト(喜び)を届ける」などの言葉も見られ、スケールの大きさやポジティブなチャレンジ精神が垣間見えます。

また2015年から2016年まで連載された南場氏自らによる記事では、消費者向け遺伝子検査サービスの先駆けであるMYCODEのプロジェクト立ち上げ時、適任と思えば新卒1年目の若者であろうが入社1年目の中途社員であろうが躊躇なく抜擢――同じくMYCODEプロジェクトで、民間企業が手を出すべきではないとの強い批判の声に耳を傾けつつ、屈せずプロセスを楽しんで努力し続けた――小学校低学年のプログラミング教育への取り組みにDeNA社も参加し、子供たちの自由な発想や強い知的好奇心に刺激を受けた――新入社員との交流で得られる、DeNAの色に染まっていない人の意見を常に面白がる――といった、DeNA社員のベンチャー精神育成にも影響を与えたと思われる、南場氏の信念やスタンスを示す数々のエピソードが明かされています。

このように、メディアで発信されている情報だけを見ても、DeNAに根付いたフロンティア精神をこれでもかと感じ取ることができますが、ましてや現場で生きた風に当たっている社員達は言わずもがなでしょう。

DeNA出身の起業家まとめ!

最後に、DeNAの風の経験者である起業家精神溢れる3人のリーダーについて、現在の役割に就くまでの経歴とメディアでの発言を簡潔にまとめてみます。

株式会社アカツキ 塩田 元規氏

1983年生まれ。一橋大学大学院MBAコース卒業後、新卒でDeNAに入社。DeNAでは高い目標を達成するために死ぬ気で頑張り続けたことで自信がつき、その中で自分で何かを立ち上げる意志に溢れた人達に出会い、今と違う場所から世界を見てみたいと感じたことが起業のきっかけだったと語っています。

株式会社ロコンド 田中 裕輔氏

1980年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに入社。その後アメリカでMBAを取得し、現地で起業するも挫折。つてのあったDeNA Globalに半年間勤務したのち、マッキンゼーに復帰。1年後ロコンドの創業メンバーと出会い起業。学生時代から起業でも何でもいいから果敢にチャレンジしてたくさんの失敗を経験すべきと語っています。

SHOWROOM総合プロデューサー 前田 裕二氏

 

 

 

 

 

1987年生まれ。大学新卒時、DeNAへの内定を得ていたにも関わらず、自分を一番成長させてくれると考えた外資系証券会社に就職。その後起業を模索していた時期に、新卒時から交流があった南場智子氏に誘われDeNAに入社。過酷な境遇にあった子供時代の経験から自分の力で生き抜く強さを身につけ、DeNAでは才能や熱意がある人が報われる場を提供する仕事にやりがいを感じていると語っています。

以上、起業指向の強い社員を育てるDeNAの文化と、その後押しを受けて外の世界にはばたき活躍するリーダー3人をご紹介しました。DeNAという企業全体に見られる特徴的なメンタリティや、下積みを経験した上でのベンチャー起業の例など、興味がある方にとって少しでも参考になればうれしいです。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。