WEBディレクター関連の転職・求人についてまとめてみた!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

WEB業界で転職しようとすると、エンジニアと並んで多く、応募に並んでいるのが「WEBディレクター」とい職種です。しかし、なんとなく仕事のイメージはつくものの、具体的に何をすればよいかわからず、転職先としては躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、意外と知られていない、WEBディレクターの仕事内容と、気になる求人について解説します。

WEBディレクターの、主な業務内容とは?

まずは、WEBディレクターの業務内容について整理しましょう。WEBディレクター業務内容を一言でいうと、「WEBサイトやアプリの、制作の指揮官」といったイメージです。

指揮官なので、基本的には前線で戦う(=サイトの制作)は行いません。変わりに、サイトの出来、不出来はすべて、WEBディレクターの腕にかかっているといえるでしょう。具体的には、以下のような事柄を決めていきます。

  • まず、WEBを使って、成し遂げたいことは何か
  • どのようなサイト、アプリを使うか
  • そのために、どういった言語や技術を使うか
  • いつまでにリリースするか
  • どういったリソースを割くのか。工数をどれくらいかけるのか
  • どのタイミングでチェック、デバッグを行うのか
  • どういうバックアッププランを持つのか…

など、判断すべき事項は、多岐にわたります。まさに、現場の指揮官と言っていいでしょう。なので、転職市場では、WEBディレクターの場合、経験が重視されることも多いです。

WEBディレクターに、求められるスキルとは?

では、WEBディレクターに転職するために、求められるスキルとは、いったいどういうものでしょうか。

WEBディレクターは、WEBにかかわる以上、最低限のスキルは必要です。コーディングスキルや、WEB制作スキルなども、あればあるほど評価が高くなります。しかし、実は、ITスキルより、重要なスキルがあるのです。

WEBサイトやアプリの制作には、多くの人がかかわってきます。クライアント、社内の関係者や、外注先など、多くの人とコミュニケーションをとる必要があります。このため、最も重要なのは、コミュニケーション能力が必要になります。

また、複数のプロジェクトを同時に走らせることもあります。時にはトラブル等も起きることもあり、常にプロジェクトは動いています。そのため進捗管理能力も重要なスキルです。WEBディレクターといえば、「進捗管理・折衝」が役割、と答える人もいるくらい、受容しされています。

また、WEBサイトの全体の方向性を決める必要があります。全体の方向性を決めるために、リサーチや、データ分析等をする必要もあります。また、そのデータをもとに、クライアントや上層部を納得させるプレゼンをする必要もありません。そういった点では、分析力やリサーチ力、企画提案力も必要になってきます。

このように、WEBディレクターは、ハードスキルよりも、ソフトスキルが求められる職業なのです。

採用担当者はWebディレクターのどこを見ているのか?

前述記載の如く、Webディレクターはクライアントの要望と制作スタッフ(デザイナー、ライター、プログラマーなど)をまとめて進行管理、品質管理などをする仕事です。

そのため、転職の際、採用担当者が重視している能力は大きく分けて以下、4点です。

【採用担当者が重視する能力】

  1. マネジメント能力:ニーズを満たしたサイトを納期までに予算内でローンチさせるスキル
  2. 問題解決能力:現状の課題点を洗い出しながら的確に施策を打つスキル
  3. 企画・立案能力:サイトを継続的に運用しながら成果を向上させていくスキル
  4. リーダーシップ:質の高いコミュニケーションを通してチームを牽引するスキル

したがって、Webディレクターにおける転職の際、上記4つの能力を持っていること、また、それを裏付ける経験や実績があることを伝える必要があります。

また、転職先が【事業会社系(社内ディレクター)】なのか、【制作会社系】なのかによっても、アピールするポイントが多少異なってきます。

それぞれのポイントは以下です。

【事業会社系(社内ディレクター)】

サイト制作よりは自社サイト等の運用が中心の業務内容であり、業務は分業制が多く「深く狭い」スキルを習得するケースが多いです。

そのため、【事業会社系(社内ディレクター)】への転職の際、事業会社の理念に沿う「人間性、人間力」「将来ビジョン、自己実現」などが重視されます。

また、業務内容は自社サイト等の運用メインであることが多く、例えば、主要なKPIをチェックしてPDCAを回し、サイトの目的達成率や効率、収益性を高めたという実績をアピールすることが重要です。

【制作会社系】

常にクライアントからの新しい案件に対応することが多くなります。

多様なニーズに答えるため、サイト制作から運用など、幅広い担当を担当するため豊富な経験、知識を積むことができます。

そのため、【制作会社系】への転職の際、重視されるのが、クライアントからのニーズに対応するための幅広いweb知識、多様なスキル・経験を持っているかが問われることとなります。

また、一つのサイトを長期に運用することが少ないため、幅広く好奇心を持ち、新しいことにチャレンジできるかどうか、という人柄もチェックされることが多いようです。

WEBディレクターの求人は?どういう業種がある?

WEBディレクターは、大きく分けると、制作会社系と、社内ディレクターとに分かれます。制作会社系は、クライアントに対し、WEBサイトやアプリを提案する仕事になります。制作会社系も、大きく、階層から、3つに大別されます。

広告代理店系

広告代理店系のWEBディレクターは、自身で制作をすることはほとんどないと言ってよいでしょう。どちらかというと、クライアントの課題を聞き、解決するために、WEBサービスを提案するという、上流部分を設計することがメインになります。

このため、WEBスキルよりは、コミュニケーション能力や、進捗管理能力、提案力等が求められる傾向が強いです。

システム会社系

システム会社系のWEBディレクターは、上記の広告代理店系と協業しながら、顧客に対し実際にWEBサイト作成をすることが多いです。もちろんコミュニケーション能力は重要ですが、どちらかというと、顧客の要望を正確に捉え、予算、期限内でいかにWEBサイトを完成させるか、ということが重要視されます。このため、進捗管理に加え、実際にWEB制作ができるスキルを持っていることが求められます。

WEB制作会社系

WEB制作会社系は、上記の代理店の部分と、システム会社の部分を、一気通貫で行うことが多いです。そのため、求められることも多岐にわたります。WEB制作会社系も、システム会社系同様に、WEBの制作スキルを求められることが多いです。コミュニケーション能力から制作スキルまで求められるので、ハードな一方、多くのスキルを身に着けることができるでしょう。

社内ディレクター系

社内ディレクターは、自社のサイトやアプリを開発するディレクターです。広告代理店やWEB制作会社と共同で、自社のサービスを開発する役割です。なので、どちらかというと、社内エンジニアや外注先をうまく使いこなす能力や、企画提案力、社内調整力が求められます。

いずれの会社であっても、WEBディレクターは、必要な人材なため、転職情報も多く存在します。しかし、狭き門であることは間違いないでしょう。プロジェクトをまとめた経験があれば、転職活動では有利に働くかもしれません。

WEBディレクター関連の転職・求人についてまとめてみた!

いかがでしたでしょうか?WEBディレクターは、IT業界では花形と言われるポジションです。しかし、ITスキル以上に、コミュニケーション能力や、進捗管理能力、企画能力など、ソフトスキルが求められる職種です。ハードではありますが、その分スキルも身につくので、転職先として、検討してみてはいかがでしょうか?

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。