【必見】アジアNO.1企業テンセントの実態に迫る

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。

こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

今回は、中国版のFacebookと呼ばれる中国大手コミュニティ運営会社テンセントについてまとめてみました。

テンセントという企業をご存知でしょうか。

中国の企業ですが、インターネット関連事業を軸として、アジアではトップクラスの巨大企業です。あのトヨタよりも時価総額は上で、現在人工知能(AI)などにも注力し、さらなる成長を目指しています。

今回はこのテンセントについてお伝えします。

※起業やスタートアップの経営に興味がある方はこちらの記事もご覧ください

■テンセントとは

テンセントは中国広東省に本社を構え、IT・インターネットサービス関連事業を手掛けています。創業は1998年、2004年に香港証券取引所に上場し、現在中国でも有数の優良企業として成長を続けています。

具体的な事業内容としては、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、インスタントメッセンジャー、Webホスティングサービスなどを中心にサービス提供をしている企業です。急成長を遂げたテンセントは、世界でも大注目企業で、時価総額ではトヨタ自動車よりも上に位置しています。

そして何といっても驚きの数字が、アクティブユーザー数です。

IM(インターネットメッセージング)サービス「QQ」は8億人を超え、モバイル向けメッセンジャー「WeChat」もほぼ同数のユーザーを抱えるまでに成長しています。中国人口は13~14億人ですが、国民半数以上が上記2つのサービスを利用している計算となります。

そして強みはサービス領域の幅の広さです。

「Facebook」のようなSNSから、音楽・動画配信事業、ゲーム事業、決済事業に至るまで、インターネット関連サービスを中国国内で網羅する勢いがあります。

さらには昨今、人工知能(AI)にも注力するなど、さらに分野を拡大させています。

テンセントの特徴は?

まず、テンセントの特徴について解説します。

テンセントは、5つの大きなビジネス基盤を持っています。その5つを、歯車のようにかみ合わせて、それぞれが作用しあうことで、顧客に価値を提供し、収益を上げるビジネスモデルをとっています。

(引用:https://www.tencent.com/attachments_en/InvestorPresentation3Q17.pdf

このように、多様なビジネスを展開しているのですが、驚くべきは、その規模です。

上記の図の、#1は、中国でNo1、ということを表しています。基幹サービスのWechatはじめ、10のサービスで中国No1のシェアをとっているのです。中でも、Wechatは、約9億人のユーザーがいるなど、その数は突出しています。

また、もう1つの特徴として、多くの企業の大株主であり、資本提携をしながら、規模を拡大している点があげられます。たとえば、世界最大のPCゲーム「League of Legends」を運営する米ライアットゲームズ社、及びUnreal Engineで知られる米Epic Games社、世界No1のモバイルゲームである「クラッシュ・オブ・クラン」を運営しているスーパーセルの親会社でもあります。また、アメリカのゲーム会社である、アクティビジョン・ブリザードや、カカオトークを提供するカカオ社の大株主でもあります。このように、自社だけでなく、他者の力もうまく使いながら、事業を拡大している点が特徴といえるでしょう。

■テンセントの3つの中心事業を紹介

テンセントの事業は幅広く展開していますが、その中でも「QQ」「WeChat」「Tencent Video」の3つのサービスが中心軸となっています。

1つ1つ見てみましょう。

「QQ」

オンラインメッセージサービスです。テンセントの黎明期を支えたサービスの一つで、創業翌年にはインターネットメッセージングサービスを開始しています。中国のIMサービスのスタンダードとして、当初は主にPC利用が中心でした。

何といっても特筆すべきはアクティブユーザー。現在でも8億人以上のアクティブユーザーを誇っています。

「WeChat」

次に「WeChat」。これはモバイル版メッセンジャーアプリです。モバイル向けSMSや通話機能を提供し、日本の「LINE」と「Facebook」のコンセプトに近いサービスです。スマホ利用者拡大に伴って大きく利用者が伸び、2017年で約9億人が利用しています。

しかし、この「WeChat」がすごいのは、活用方法の多様化です。メッセンジャーアプリとして急成長し、昨今注目されているのは、そのユーザーが活用する「モバイル決済機能」です。

中国のスマホ決済額は中国全土で600億円を超えたというニュースもありましたが、それまでアリババのモバイル決済「アリペイ」の独占市場を崩し、2強の一角に食い込んでいます。「WeChat」の決済利用者は年間8億人を超えるまでに成長しています。

「Tencent Video」

3つ目は「Tencent Video」。中国最大の動画配信プラットフォームです。

中国国内の動画コンテンツは当然のことながら、海外の動画コンテンツへの投資の他、自社制作にまで幅を広げています。特筆すべきなのは動画コンテンツのみならず、各種ゲームアプリも含めてコンテンツを網羅しつつあるのが、テンセントの強みとなっています。

現状テンセントの全体売上の大半をゲーム売上でカバーできており、「Facebook」の広告売上が基盤を支えているのとは異なり、今後、様々なコンテンツがさらなる業績拡大の可能性を秘めています。

以上、3つの事業についての説明でした。

ゲーム事業の強みに迫る

こういったテンセントですが、強みはやはりゲーム事業です。下記の表を見てわかる通り、売上の41%をゲームで稼いでおり、同社の成長ドライバーとなっています。

(引用:https://www.tencent.com/attachments_en/InvestorPresentation3Q17.pdf

こういった、テンセントの好調を支えるゲーム事業ですが、テンセントのメイン事業は、モバイルゲームになります。今後、モバイルやタブレットを持つ人口は、ますます増えていくことが予想されます。それに伴い、テンセントのゲームユーザーも増え、収益も拡大することが予想されます。実際、2017年のQ1も、前年比で57%の成長を見せました。こういった有望市場にフォーカスしていることが、1つの強みと言えるでしょう。

また、テンセントは、それぞれの分野で強みとなるゲームを保有していることが特徴です。特に、核となるゲームは、「Honor of Kings」と、「クラッシュロイヤル」でしょう。調査企業であるApp Annieによると、「Honor of Kings」は、中国のiOSストアで、2017年のベストセラーになっており、モバイル事業の売上の40%を占めるほど、大きなシェアを取っていると言われています。また、グローバルでは、傘下のスーパーセルの「クラッシュロイヤル」が、米国のiOSストアの有料ゲームランキングで1位となるなど、国内外で核となるゲームを持っていることが強みでしょう。

また、開発への投資もすごいものがあります。たとえば、この「Honor of Kings」の開発チームには、一人当たり約2400万円ものボーナスが支払われたそうです。こういった投資を積極的に行うことで、良いゲームを開発する体制を作っているのですね。

日本でも、セガが提携して中国向けゲームの開発を行うなど、内部、外部問わず、積極的に開発に投資しているのが特徴です。

テンセントの成長戦略とは

今後、テンセントは、Wechatを軸に、様々な分野に参入し、インターネットの総合サービスを提供する企業を目指していくでしょう。

実際、Wechatでは、モバイル決済にも進出しています。中国の大手銀行と提携し、様々な新サービスを打ち出しています。モバイルを通じて、タクシーを読んだり、レストランの予約、映画のチケットの購入などがすでにできるようになっています。

また、国外への進出も進めています。中国ではNo1のインターネット企業ですが、世界を舞台にすると、TwitterやFacebookなどを相手に戦わないといけません。そのために、積極的に海外への広告投資を行っています。特に、アフリカへの投資を積極的に行っており、アフリカではWechatを使う人が増えてきているそうです。

※起業やスタートアップの経営に興味がある方はこちらの記事もご覧ください

■テンセントの最新ニュース

○食道がんの早期発見へAI開発 2017年8月

テンセントは世界初のAI技術を用いた食道がんの早期スクリーニング臨床試験を行うと発表しました。テンセントは人工知能(AI)の開発を強力に推進しています。

開発のAIは4秒のスクリーニングで食道がんの発見約90%の精度を誇り、今後は肺がんや乳がんなどの早期発見にも応用できるそうです。

○中国当局の行政処分 2017年9月

新浪(SINA)、百度(バイドゥ)とともに、テンセントは中国当局より行政処分が下されました。理由はポルノやテロなどの禁止情報を放置したという見解からです。中国当局は罰金処分に加え、ユーザーの発信する情報管理を強化するよう求めました。

しかしながら、背景として考えられるのが、2017年7月に死去したノーベル平和賞受賞の民主活動家劉暁波氏への追悼の書き込みが増加。中国当局がこれ以上政治に関するネットの書き込みを増やさないように釘を刺す意味もあったようです。

いわゆる中国当局の検閲強化を目的としているとも言われています。

○任天堂スイッチにテンセントのソフト供給 2017年9月

テンセントは任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けにゲームソフトを供給することを発表しました。テンセントはゲーム売上が企業収入の中核をなすことから、強力なゲームコンテンツを各種保有しています。

日本市場に圧倒的な強みを持つ「ニンテンドースイッチ」のプラットフォームに強力なソフトを供給することで、コンテンツ海外展開の一つとして機能させたい意向があるようです。

また、一方、任天堂としても、マリオなどの強力コンテンツを中国全土に波及させたい意向もあり、中国展開の大きなきっかけとしたい意向があるようです。

事業まとめ

テンセントの戦略は緻密でかつ合理的です。「QQ」や「WeChat」で入り口として一気に利用者を拡大させ、ゲームや動画、音楽などのコンテンツでしっかりと売上を確保します。

今後はリアル、EC共に決済機能をカバーし、FinTech分野への拡大、人工知能(AI)などと融合させながら巨大市場に展開を目指しているようです。

しかしながら、課題もあります。現状中国国内がメイン市場でもあり、今後海外への展開が可能かどうか、という視点です。現状、中国政府からも厚い庇護があり、海外同様のサービスとの競合が少なかったことが急成長を可能としました。

しかし、中国人口以上の市場を目指す場合、同様の巨大企業との競争が大きな壁として存在します。中国国内での横展開のみを成長の軸として考えていくのか、中国以外の海外への進出も目指すのか、これからの戦略が一つの転換点となるかもしれません。

※起業やスタートアップの経営に興味がある方はこちらの記事もご覧ください

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。