【必見】シリコンバレーでの起業について迫る!!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

シリコンバレーの概要と近況

シリコンバレーとは、サンテマオ周辺からサンノゼまでの都市を指しますが実際のところは曖昧で、明確にここからここがシリコンバレーということはありません。中心地は、サンノゼ、マウンテンビュー、サニーベール、サンタクララ、クパティーノなどが存在します。元々メンローパークにあるスタンフォード大学出の技術者がヒューレット・パッカードなどのエレクトロニクス、コンピュータ企業を設立し、この大学の敷地をスタンフォード・インダストリアル・パークとしてこうした新技術の会社を誘致したのが始まりともいわれています。

シリコンバレーの歴史は、第二次世界大戦中にスタンフォード大学を筆頭に軍需関連の産業が栄えました。後に、半導体産業の発展に伴い企業の株式公開が相次ぎました。それらの資金がシリコンバレーのベンチャー企業に投資され、急速な発展となる流れが出来ました。

シリコンバレーを拠点に本社を構えている企業は、アドビシステムズやアジレント・テクノロジー、アップル、インテル、エレクトロニック・アーツ、フェイスブック、オラクル、ヤフー、グーグル、などの誰もが知るIT企業です。時代の最先端を走っているのがシリコンバレーであるといっても過言ではありません。

シリコンバレーマインドとは

シリコンバレーマインドとは、誰かに何かを訪ねる際に躊躇しない、人を紹介したり人からの紹介お受け入れるといったマインドを指します。このような考え方が根付くことでシリコンバレーに存在するスタートアップ全体の成長スピードが増していると考えられています。シリコンバレーにおいて重要視されているのは、このようなマインドが生まれるための場所(コミュニティ)です。

マインドを意思決定として捉えると、起業家やスタートアップ関係者の周りの環境における場所が重要とされています。場所であるコミュニティの力を強化することでマインドである意思決定が固められていきます。ここでのシリコンバレーマインドにおいて、スタートアップのコミュニティを強くすることで「誰が信用できるのか」、「経営におけるノウハウ」、「個人の能力」、「各業者の良いところ」、「投資家の評判」等の情報を知ることが出来ます。これらの情報は、インターネット上や書籍では手に入れられないことからマインドを通じて得られる貴重な情報と言えます。

シリコンバレー発の日本人起業家を紹介

福山太郎

福山太郎さんは、福利厚生や得点を与えるプラットフォームを提供する会社AnyParkの創業者です。シリコンバレーにおいて世界的に高い知名度を誇るスタートアップ養成所であるY Combinatorの日本人初の出身者であり、海外メディアから大きな注目を集める起業家です。シリコンバレーにおいて最も有名な日本人であり、アメリカのビジネス情報誌が発表した“シリコンバレーで最もクールな100人”にアっプルCEOであるティム・クック氏やフェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ氏らと共に選出されました。また、AnyParkにおいては、ベンチャーやイノベーションを対象とした雑誌“ファストカンパニー”の世界で最も革新的な50社という特集で、フェイスブックやライン、トヨタ自動車、アップルと並んで選出されました。

杉本直樹

杉本直樹さんは、四輪車メーカーHONDAのシリコンバレー研究所であるHonda Innovationsのプログラム・ディレクターです。シリコンバレーに22年程度住んでおり、長年「HONDAを変えること」を念頭に掲げ、仕事をされています。自分のやりたいことをリスクを取ってやることが日本を変えると考えており、「30年後Hondaは車を作っていなくてもよい」と公言するほど、時代の変化と共に会社も変化することが大切であることを実践して示している方でもあります。

熊谷芳太郎

熊谷芳太郎さんは、様々な会社への参加経験とM&A、株式経験を持つシリコンバレーにおいて伝説とされる日本人です。PURE DIGITAL(ピュアデジタル)という小型ビデオカメラを取扱う会社は、コンピューター機器を扱うciscoに590億円で買収されました。現在は、オムロンとの競争で打ち勝った腕時計型歩数計のFitbit(フィットビット)を手掛けています。

大体シリコンバレーの概要は掴めたでしょうか。難しい知識や詳しいことは説明できていない部分もあるので、もし興味を持ったら自分で調べてみるのもいいですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。