【必見】スマートコントラクトとは一体なんだ!?

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。 こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。 今回は、スマートコントラクトについてまとめてみました。

こちらをご覧になっていただく事で、スマートコントラクトとは何か、どのようなサービスに使われているのか等、参考になるかと思いますので、是非最後までお読みください。

まずはスマートコントラクトとは何かについて見ていきましょう。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトは、簡潔に言うと、「契約の自動化」を意味します。概要は、下記の表をご覧ください。

 

(引用:http://gaiax-blockchain.com/smart-contract

契約の概要さえ決めておけば、あとは実行されるタイミングがくれば、自動的に契約執行、決済までが行われる、というのが大枠の仕組みです。取引に人間が介さなくなるため、シンプル、かつ、不正やミスが起こらない、また、契約までの時間が短くなることから、コスト削減も期待されています。

 

なぜ、スマートコントラクトがビットコインと比較されるのかと言うと、このスマートコントラクトのベースになっているのが、ブロックチェーンの技術だからです。ビットコインと同様の技術を使っているのですね。

ブロックチェーンの最大のポイントは、複数のサーバーやマシンで取引記録を管理している、非中央集権的な仕組みであることです。非中央集権的であるため、セキュリティの面で優れていると言えます。一つのサーバーやマシンが壊れても、他の端末で連携して記録しているためです。

このため、契約など、相互にとって改善や不正、エラーのリスクがあるものと相性がいいと言えるでしょう。スマートコントラクトの概念は、ビットコインよりも早く、1994年にはその概念が作られていた、と言われています。

一方、スマートコントラクトでもできないことはあります。それは、解釈等が必要な、複雑な契約の場合、自動で処理ができないと言う点です。現時点ではまだ0か1かの判断しかできないため、スマートコントラクトが使われるのは、大量にシンプルな契約を行うシーンに限られています。

次はスマートコントラクトの具体例について見ていきます。

スマートコントラクトの例

それではスマートコントラクトの具体例を見ていきましょう!

スマートコントラクトを説明する上で一番身近な例は、自動販売機であると言われます。自動販売機は、お金を入れてから商品を選ぶという条件があります。その後、選ばれた商品を取り出すという操作につながります。このような流れから、スマートコントラクトは通信販売等の様々な分野に活用されています。

通信販売においては、スマートコントラクトを用いることで、“ユーザーがサイト上で欲しい商品の購入ボタンをクリックする”という条件が選択されます。この条件が満たされた場合は、“ユーザーが商品の取扱者に対して代金を支払う”続いて、“商品の取扱者からユーザーに向けて商品が発送される”という流れが実行されます

このような流れをプログラムとして設定することで、スマートコントラクトでは自動的に契約を実行します。つまり、契約から実行までの期間が短縮されるためユーザーが利用しやすく、仲介コスト等の手間も省くことにつながります。

続いて、スマートコントラクトの例として「自立分散型のアプリケーション(DApps)」や「自立分散型組織(DAO)」が挙げられます。自立分散型のアプリケーションとは、スマートコントラクトを用いることで全てをコードにより自動的に処理するアプリケーションです。

これまで従来のシステムと言えば、中央集権型システムが一般的でした。そのシステムを自立分散型アプリケーション化することで、これまで伴っていたコストの削減中央管理者によって管理されていたコントロールの排除内外部からのデータの改ざん攻撃のリスクの抑制などの長所があります。

また、組織の意思決定から実行までの流れをスマートコントラクトに従い行うものを自立分散型組織と呼びます。中央管理者が存在しないため組織の給与体系やマネジメントまでスマートコントラクトにより実行される企業です。

次はスマートコントラクトと相性が良いと言われている保険業界について詳しく見ていきましょう!

スマートコントラクトと保険業界

先ほども述べましたが、スマートコントラクトとはブロックチェーン技術を用いた自動的な契約を促すシステムのことを指します。この技術は様々な業界の契約をより簡単により強固により早くすることが可能にします。そしてそのメリットを最大限に生かせる業界の一つが保険業界です。なぜ保険業界にスマートコントラクトが活かせるのか、その秘密に迫っていきます!!

既存の保険業界の課題

大前提として保険業界は情報が生命線の業界です。顧客、医療機関、ベンダー、雇用者、監査人、そして規制当局など様々なデータを取り扱い、何百万というデータの交換が行われます。

そのデータの交換行う際、適切に情報を取得し、処理し、共有し、機密を守り、使用することが絶対に必要なわけですが、現在のトランザクション(データの交換総称)の中には、情報の場所を突き止め処理するまでに数日または数十日かかることも珍しくありません。

この原因の一つはITが進化している現在でも、多くの生命保険会社が30年前以上の保険請求システムを使用していることが挙げらます。この時代遅れの業界を変えるためににスマートコントラクトの技術を使うことが必要なのです!!

スマートコントラクトで保険業界は変わる!!

スマートコントラクトを支える技術であるブロックチェーンは別名「分散型のコンピューターネットワークシステム」と言って、簡単言うと情報を一極集中せずにみんなで管理しましょうというシステムです。これを使うことでデータのアクセスがより簡単になり、安全かつ迅速にデータを閲覧することが可能になります。それにより時間と人が行うコストを大幅に節約することができます。

もっと具体的に説明すると、スマートコントラクトに基づいたシステムと利用条件の自動検証を使うことで保険の引き受け、保険プランの設定、保険金の請求への処理などの管理手続きはより早くなります。また保険金請求処理の際の医療機関への保険金の支払いもスマートコントラクトによって即時に開始することが可能になります。

そのほかにも、顧客の住所変更や受益者の変更等の定期的な記録管理も容易になり組織間の取引やその他の業務の透明性も格段に向上することができます。このようにスマートコントラクト(ブロックチェーン含む)を上手く活用することで保険業界に革命がおこる可能性があることがお分かりいただけたと思います!!

しかし保険業界は伝統というか既存の風習を大事にする悪しき習慣があります。なのですぐに保険業界の1から10まで変わるという可能性は少ないと思いますが、いずれ大きく変化する時期が来るかと思われます。スマートコントラクトに興味がある皆さんはぜひ今後の保険業界に注目してみてください!!

最後はスマートコントラクトが実現する未来について詳しく見ていきましょう!

スマートコントラクトが実現する未来

スマートコントラクトは、管理者を必要としないことからのコスト削減や、時間と場所に縛られることのない制約を排除することが出来ます。時代の発展と共に、人類が触れる情報量は多くなります。膨大な情報と共存するであろう人類の未来だからこそ、スマートコントラクトが実現することでデータの利用申請やユーザーのアクセス認証、データ送信等が自動化され、手間と時間を省くことが出来ます。

また、中央集権型のシステムでないことからセキュリティ面において格段に向上します。企業や組織、団体が所有しているビッグデータを安全かつ手軽に利用する環境へとつながります。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。