【必見】20代で転職する際に知っておくべきこと

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

20代で転職する際のメリット

フレッシュさ

20代で転職する際のメリットは、何といってもフレッシュさです。

やる気、体力、柔軟性、どれを取っても、20代に勝てる年代はありません。「そんなにやる気もないし、柔軟性もないし、体力もないけどなあ」という人でも大丈夫です。明るく振る舞っていれば、たいていの人は「やる気、体力、柔軟性のある奴」と思ってくれます。

これは20代転職の特権です。30代で明るくしていても「あいつ明るいだけだ。便所の100W LED電球」だと言われかねません。とにかく明るく振る舞いましょう。そうしていれば20代転職で損はありません。

変な常識に染まっていない

個性派俳優の佐藤二朗さんはリクルートに入社して1日で辞めたそうです。

会社にはそれぞれの個性・企業風土というものがあります。それが良いかどうかは別として、きっと、佐藤さんにはリクルートの雰囲気が合わなかったのでしょうね。

逆に言えば、リクルートの企業風土にすっかり染まった人間が転職でやってきた場合、その会社には合わないということもあり得ます。

20代転職の場合、前職での期間が短いだけにそうした別企業の雰囲気や別の会社での常識に染まっていないこともメリットです。

使う側からすれば「前の会社ではこうだったのに」とか「世間じゃこんなの通用しないよ」とか言われるのはいちばんイヤなことだという点は理解しておきましょう。20代転職の特権はどうとでも染まれる色のなさです。

そこそこわかっている

20代と言っても、転職の場合、それなりの社会常識は身に着けているのが、企業としても採用の前提です。この「そこそこ」感が大事です。あんまりなんでもわかっている雰囲気だと男女を問わず「生意気」な感じになってしまいます。

もし、実は全然、社会常識が身に着いていない場合は、その手の本やサイトを読んで勉強しておきましょう。多少、間違っていてもよいのです。むしろ、多少間違っていてくらいが「かわいい」と思ってくれます。

使いやすい

最近はコンビニバイトなどもあり、年齢の上下関係にはこだわらない風潮もありますが、やはり、年上の人間を使うのはやりにくいことです。

転職者の場合、上司が年下というケースもあります。しかし、20代転職であれば、比較的すんなりと職場の上下関係に溶け込めます。これは非常に大きなアドバンテージです。

 再チャレンジできる

転職が成功するとは限りません。その場合、再度転職を考えることになります。これが30代転職だとかなり厳しいことになります。20代転職であれば、比較的容易です。「気楽に」と言ったら大げさですが、転職再チャレンジが容易ということも心理的には大事なポイントです。

20代で転職する際のデメリット

ものを投げ出しがちだと思われる。

20代転職ということは前職の期間も数年程度ですから、我慢強さがなく、すぐにものごとを投げ出してしまうのではないかという不安が使用者には付きまといます。

就職活動と同じように、求人活動にも企業は手間とお金を掛けています。せっかく雇った新人に「辞めます」と言われたときのショック、これは計り知れないものがあります。

 未熟だと思われがち

要するに経験値がうまく上がっていないという点。これはかなり厳しいですね。

そもそも転職するのは、「この会社で自分はうまくキャリアアップできるのだろうか」という不安が大きな動機になっている場合が多いはずです。

うまく経験値が上がっていないから転職するのに、転職先で「経験値が低い」と思われるのはつらいですね。

マネージメントができない

20代転職ということは、通常、比較的低い地位での転職になります。

従って、部下を持った経験のないまま転職というケースも多いはずです。

しかし、転職先でそれなりに上昇していくためには、部下を持ち他人を使う能力が要求されます。これはなかなか厳しいです。

20代の転職の基本事項

次に、20代前半中盤後半に分けてそれぞれの転職の際に求められる能力の違いや実情を考えてみましょう。

前半

まず、これは基本的な社会常識やビジネススキルが身に着いているか、という点です。企業としても転職者を雇用するのは、即戦力が欲しいからです。最初から研修が必要な人間を雇うのならば新卒でよいわけです。

中盤

ここでも転職のキーワードは即戦力です。

高度な専門能力や知識があれば良いのですが、ない場合は資格を取得するのもひとつの手でしょう。

とにかく20代中盤なのに新人並みでは企業としても困るという点は自覚しましょう。

後半

企業にもよりますが、20代後半から30代の人間を雇うのは、ある程度、マネージメント能力を身に着けている人間が即戦力になる、という前提があるからです。ただ、マネージメント能力は実際の経験や人間力がものを言います。人間力を鍛える努力をするのも重要だと言えるでしょう。

終わりに

取り敢えず、転職サイトなどで、何が重要かを勉強しましょう。また、転職の場合、ポイントになるのは、前職を辞めた理由です。

雇用保険の受給の点では会社都合が良いのですが、転職のしやすさの点では自己都合で円満退社を目指すのがベストです。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。