SaaS業界の企業・求人・転職動向を徹底解説!!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

こんにちは。スタートアップネクスト編集部です。

こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識また転職、起業のコアの部分までプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

今回は、ここ最近、海外はもちろん、日本国内でも増えてきているSaas関連企業について、まとめてみました。

近年、BtoBのスタートアップ企業は増えていますし、ベンチャーキャピタルからの投資も積極的です。

この記事を読めば、SaaS業界のことが1から100までお分かり頂けると思うので是非最後まで読んでいただければ嬉しいです。是非SaaSについて押さえておきましょう。

 

SaaSとは一体何か

SaaS関連会社に転職を考えている人やSaaSに興味を持っている将来起業を考えている人の中には、SaaSの仕組みについてもっと知りたいと思われる方が多いですよね?SaaSやSaaSの仕組みについて調べてみましょう。

SaaSは、Software as a Serviceの略となっています。読み方は「サーズ」と読んだり、「サース」と読まれたりすることもあります。

これまでの主流は、「インハウス型」でした。インハウス型とは、社内のITの機能を、全て自社で準備し実行する方法でした。しかし、今日企業はインハウス型からの脱却を始めており、特定の機能は社内で賄わず、社外に任せる方法が一般的になってきています。

その中でも、SaaSは、ソフトウエアの機能をネットワーク経由で利用する形態のことです。専門的な分野は社外に任せることにより、自社で何でも抱え込む必要はなくなります。

より身近な例でいうと、

Google Apps

Office Web Apps

Dropbox

などが挙げられます。

これらのサービスは全て、各種端末からアクセスすることができる、データをクラウドストレージに保存できる、チームなど複数の人たちで管理、編集ができるなどの特徴を持っています。その便利さがゆえ、個人のユーザーは勿論のこと、多くの企業が活用しています。

いかがでしょう。SaaSというものがどれだけ世の中に必要とされているのかお分かりいただけたでしょうか。

今回の記事では、そんなSaaSを活用している企業の取り組みについて調べてみました。

SaaS関連企業まとめ

SaaS関連会社に転職を考えている人やSaaSに興味を持っている将来起業を考えている人は、SaaSを提供している企業についても知りたいと注目しておられる方が多いですよね?これからSaaSを提供している企業を5社、紹介したいと思います。

Salesforce

SaaS型のアプリケーションである、「Service Cloud」、「Sales Cloud」、「Marketing Cloud」などを提供しています。例えば、「Marketing Cloud」を活用すれば、マーケティングを自動化し、関連性の高いメッセージを届け、様々なメールキャンペーンを行うことができるようになります。

Betterworks

企業の従業員の目標設定、そしてそこまでの進捗が容易にわかるプラットフォームである「Betterworks」を提供しています。

Workday

例えば、「ファイナンシャル マネジメント」のアプリケーションを提供しています。会計機能や財務機能、監査などのプロセス管理が可能となるサービスです。

オラクル社

「Oracle SCM Cloud」を提供しています。このサービスは、プロダクトライフサイクル管理、そしてサプライチェーン計画、決済、メンテナンスなど一連の流れをカバーする複数のアプリケーションで構成されています。

富士通社

様々なSaaS型サービスを展開しています。例えば、「ProcureMART」という製造業ソリューションを提供しています。インターネット上で生産材の調達、見積もり、注文、検収などの過程をトータル的にサポートしてくれます。

freee株式会社

クラウド会計ソフトfreeeをリリースする。同様にクラウド上で会社設立に必要な書類を出力し法人登記や設立後に必要な手続きや労務手続き、給与計算を行う人事労務 freee[4]などをリリースする。個人事業主などのスモールビジネスをターゲットとしており、2017年4月時点で「freee」の利用経験がある事業所は日本で80万を突破している。

株式会社スタディスト

スマホやタブレット、PCで簡単にマニュアルを作成・共有できるクラウドサービス『Teachme Biz』を運営。大手の銀行から大学まで幅広い分野で活用されている。

マネーツリー株式会社

複数の銀行口座やクレジットカード、ポイントサービスの明細をまとめて表示する個人資産管理サービスを提供する。2600以上の主要なサービスに対応に対応している。

いかがでしょうか?SaaSに関連したサービスが既に提供、運用されていることに驚かれたのではないでしょうか。

これからSaaSの将来性に着目してみましょう。

【SaaS スタートアップ 創業者向け】SaaS リーダーが伝えるコンセプト、 戦略、および戦術

最近、上記でもとりあげたSalesforce社がコンテンツとして提供している「SaaS スタートアップ 創業者向けガイド」という書籍が一部のスタートアップ経営者や社員の間で、話題になっています。

Salesforce社は、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)としてSalesforce Venturesを運営しています。

日本のトップである浅田 慎二 氏がキャピタリストとして活躍されています。

恐らくですが、彼らとしては投資先のソーシングの意味合いも含めて、こうした書籍を提供しているんではないでしょうか。

自裁Salesforce社自身のノウハウや知見をもとに、かなり深い知識・ノウハウがまとめられているようなので、Saas企業を立ち上げたい、Saas企業への転職を検討している方は是非ダウンロードして読んでみると良いかと思います。

「SaaS スタートアップ 創業者向けガイド」のダウンロードはこちらから

SaaS企業への転職ってどうなの?

実際のところ、Saas企業への転職はどうなのでしょうか?

言葉について馴染みがないために、まだピンと来ない方も多いのではないでしょうか。

結論、Saas企業への転職やキャリアは有望と思います。

ビジネスモデルがストック型且つtoBのために顧客単価が大きいため、小規模事業者であっても経営が安定化しやすいです。

且つ、分野やカテゴリによりますが、市場としてまだ未成熟な分野も多いため、成長性も高いと思います。

ただし、セールス・営業ポジションであると、いわゆるパッケージソフトウェアの営業・販売となるため、ある程度プロダクトに依存してしまうという課題はあるでしょう。

またインダストリーやカテゴリーによって顧客属性が偏るといった部分はどうしても出てくると思います。

Saasの求人を調べてみると、現状、以下のようなSaas、クラウドサービス企業が求人を積極的に行っているようです。

それぞれポイント管理システムであったり、Salesforceをカスタマイズして開発したグループウェアだったりと分野や用途は大きく異なります。

おすすめSaaS企業の求人情報

ここですべての求人を紹介することは難しいので、一部抜粋して紹介していきたいと思います。

株式会社クレアンスメアード

ゲームプログラマ-

仕事内容

①スマートフォン、タブレット等携帯端末向けの各種コンテンツ企画・開発

②動画・音声等を利用した各種コンテンツ開発

必要なスキルや経験

①iOSアプリ開発実務経験者(Objective-C)1年以上。要GameKit利用経験

②Androidアプリ開発実務経験(Java)1年以上

モバイルコンテンツ開発

仕事内容

NTTdocomo、au、ソフトバンク等のキャリア向け公式サイト向けコンテンツの開発や、モバイル向けゲーム開発・Flashコンテンツ開発など、最新のモバイル端末の特性を活かしたシステム開発・コンテンツ開発

必要なスキルや経験

Android、iPhone向けのアプリケーションの開発経験

②モバイル向けのシステムやゲーム等の開発経験

③モバイル向けのサイト構築経験

④音楽配信等のシステム開発に携わったことのある方、など

⑤開発言語
Windows・UNIX上でのC、C++、Java、Flash、BREW、ObjectiveC
HTML、ユーザインターフェースの知識等あれば尚可

株式会社テラスカイ(mitoco等)

ソリューションエンジニア

仕事内容

「クラウドを導入したい」と考えている日本企業に対して、エンジニア自身が要望や課題を詳細にヒアリングした上で、最適なクラウドソリューション、クラウドをシステムを設計・提案し、導入のコンサルティングを行う業務

必要なスキルや経験

①アプリケーション開発経験があり、クラウドとSalesforceに興味がある方

②基本情報処理技術者資格を持ち、前職が社内システムの開発エンジニア、データサイエンティスト、Webエンジニア、フロントエンドエンジニア、Web・オープン系開発のご経験がある方

ソリューション営業

仕事内容

①クラウド・インテグレーションの提案および導入コンサルティング

②自社製品「mitoco」「SkyVisualEditor」「SkyOnDemand」「DCSpider」等の提案営業

③アマゾン社AWSソリューションの活用提案営業

④クラウドERP「GLOVIA OM」の提案および導入コンサルティング

必要なスキル、経験

①IT/Web業界で法人営業経験があり、クラウドに興味がある方

②クラウド関連の製品やソリューションに関する知識・経験があれば尚可

SaaS企業のこれから

SaaS関連会社に転職を考えている人やSaaSに興味を持っている将来起業を考えている人は、SaaSやSaaSを提供している企業のこれからについても知りたいと思っておられる方が多いですよね?

今や企業では、全てのサービスを自分たちで構築、運用するのではなく、必要があれば外部の専門業者に任せるという考え方が一般的になってきています。

こうした流れを考えると、SaaSやSaaSを提供している企業のこれからは明るいものになると考えられます。

とりわけ、試験的な稼働が必要な、あるいは、短期で迅速な立ち上げが必要なシステムの分野で、SaaSはますます活用されてゆくことでしょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。