webマーケティング転職への道を考えてみた

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。

こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

ITの発達により、マーケティングに求められる業務も変わってきました。以前はオフラインでのコミュニケーションが主流でしたが、最近では、Webマーケティングなしではマーケティングを語ることはできないでしょう。

Webマーケティングの役割が大きくなるにつれて、Webマーケティング業界の求人も増えています。今回の記事を読んでいただくことでWebマーケティング業界への転職のイメージが明確になるはずです。

そもそも、Webマーケティングとは何か?

まず、Webマーケティングとは、そもそも何か、から解説しましょう。ITが発達し、Webサイトが顧客とのコミュニケーションツールとして、重要な意味を持つにしたがって、Webでの顧客獲得の重要性も増してきました。Webマーケティングとは、Webで顧客を獲得し、ロイヤリティ化するまでの一連のプロセス全般のことを言います。

Webマーケティングが、通常のマーケティングに比べ優れている点としては、以下が挙げられます。

  • データがすべて数字で表れるため、効果測定が行いやすい。
  • Webサイトはすぐに変更することができるので、スピード感を持って、施策を検証できる。
  • 通常のマーケティング施策に比べ、コストが安い点、個々人に合わせた施策を行うことができるため、パーソナル化しやすい。

一方、Webマーケティングは、今までのマーケティング以上に、データからのアプローチや、スピード感ある施策が求められるようになっています。そういう観点でいくと、Webマーケティングにおいては、ビジネスセンスが重要になってきていると言えるでしょう。

Webマーケティングが何なのかある程度理解が深まったところで、皆さん、具体的な求人情報が気になっいるのではないでしょうか?そこで次は主な職種と求人情報について紹介したいと思います。

Webマーケティングは未経験でもなれるのか?

Webマーケティングは、未経験からでも十分に挑戦できる業種と言われています。

なぜなら、Webマーケティングにとって必要なスキルは、Webサービスの構築業務だけではなく、データの分析や経営企画、プロモーションなど、どんな仕事にも通じて必要なスキルや、新しいことに対する関心、意欲、思考や行動のスピード感などの意識の部分もWebマーケターにとって必要だからです。

特に、前職で、営業や販促企画、マーケティング業務などの経験がある方には、その能力を十分に生かすことができる職業でしょう。

実際に、様々なWebマーケティングに関する求人サイトを見てみると、未経験でも可能な企業が多くあります。

ただ、企業によっては、UX/UIの知識やCSSなどのコーディングスキルも必要なところもあるので、注意しながら希望の会社を探すとよいでしょう。

また、未経験でWebマーケターになれることができたとしても、継続して学習意欲を持つことが最も重要です。

今現在FacebookやTwitter、Instagram、YouTubeなど、利用者が多く存在しているサービスは永久的なものではありません。

次から次へと新しいマーケティングツールやWebサービスは生まれてきている中で、「何のツールを駆使して誰にどのような広告を出せば効果的なのか」を知ること、情報を集めることが常に必要です。

Webマーケティングの年収は?

まずは、Webマーケターの年収について見ていきましょう。

下のグラフは、大手転職サイトに記載されていたデータをグラフ化したもので、Webマーケティングを業務としていた社員の年齢ごとの平均年収推移を表しています。グラフを見てもわかるように、左から20代前半が347万円、続いて430万円、472万円、630万円と、年齢を重ねるに比例して年収も上がっていく傾向にあります。そしてこれらの全世代平均年収を計算すると、446万円になり、2017年の日本全体の平均年収である420万円と比べると、やや高めになっています。

スマートフォンやデジタルサービスの普及に伴い、年々Webマーケティングは重要視されているため、Webマーケターの需要とその市場は拡大しています。

今現在は、446万円ですが、これからその価値は上がっていくようになるでしょう。

転職会議に掲載されている155件のデータを元にグラフを作成)

Webマーケティング業界、キャリアとしてはアリ?

これだけ求人がある中で、Webマーケティングの業界を選ぶのは、アリなんでしょうか。

Webマーケティングは、今や特殊なWebの世界だけではなく、一般企業であっても当然に求められる施策になっています。

これからオンライン化が進む中で、Webマーケティングの重要性は、さらに高まるといえるでしょう。

また、伸びている業界だけに、給与水準も比較的高いところが多くなっています。

中には30歳で1000万円も夢ではない場合もあります。

仕事はハードですが、頑張りがいがある職業と言ってよいのではないでしょうか。

また、Webマーケティングの中でも、企画営業、プランナー、データサイエンティストなど、細かい職種はいくつもあります。

また、企業の中でWebマーケターとして働くのか、Webマーケティング専業の会社で働くのか、など、働く環境が多いのも強みです。

業界自体が伸びているため、スキルを身に着ければ、転職することも可能でしょう。

もちろんすべての職業にメリット・デメリットがあるため、一概にWebマーケティングだけが素晴らしい、というわけではありませんが、仕事の幅の広さや収入から考えても、転職活動をする際は、一度は視野に入れてみてもよいと思います。

Webマーケティングの将来性は?

結論からいうと、Webマーケティングの伸び代は高いです。

様々なネットサービスやテクノロジーが生まれ、モノや人がネット上に集まっていく中で、Webマーケティングはより必要とされるでしょう。

また、近年注目されているスマートスピーカーや人工知能、IoTなどによって、Webマーケティングの効率は飛躍的に良くなり、オートメーション化も進んでいくことが予想されます。

そして、これからのWebマーケティングは、「インターネット社会において、カスタマーと企業の関係をより強化していくマーケティング」が重要です。つまり、「会社のファンにさせるマーケティング」です。

最近話題になったAmazonが開発したハードウェアデバイス、「Amazon Dash Button」は、見事にそれを実現させました。

Amazon Dash Buttonとは、ワンプッシュで欲しい商品を購入できる専門デバイスのことであり、様々なモノが簡単に買えるサービスです。

しかし驚くべきことに、そのラインナップのほとんどが消費財であり、その中でも「低関与商材」(消費者の思考が購買にあまり関与しない商品)が多いのです。

そして、消費者の思考があまり関与しない低関与商材の特徴として「消費者は同じ商品を買い続ける」ということがあります。

Amazon Dash Buttonは、見事に「消費者が同じ商品を買い続ける」=「会社のファン」をインターネットとハードデバイスを繋げて見事に実現させたのです。

消費者のブランドスイッチをさせないために、これまでに企業は莫大な広告費をかけてきました。

Amazon Dash Buttonの誕生は、Webマーケティングのひとつの目的をさらに強化していくものになったのです。

また、Webマーケティングにとって忘れてはいけないのは、どんな時代でも基本的な人間の基本的な営みは変わらないということです。

美味しいものが食べたい、豊かになりたい、便利なものが欲しいなど、それらの根本的なニーズを補填させていくことが経済であり、その延長としてそれらを定量的に調査することが可能なWebマーケティングがあります。

いかに消費者が感じている欲望を充足させるか、Webマーケティングはその答えを知る方法として、これからも重要視されていくことでしょう。

Webマーケティングの求人には、どのようなものがある?

では、具体的に、Webマーケティングには、どのような求人があるか、見ていきましょう。

企画営業系

企画営業系の主な仕事は、クライアントに対し、Web戦略やWebでのブランディング等を提案することです。

クライアントは、メーカーやサービス業など、直接のクライアントもいれば、代理店当がクライアントになるケースもあります。

クライアントのニーズをヒアリングし、よい提案をすることがポイントになるので、コミュニケーション力が第一に求められます

加えて、クライアントのニーズを具現化するための、企画力も必要とされることが多いでしょう。この仕事は、営業経験、特に法人向けのサービス等の営業経験があると、重宝されることが多いでしょう。

企画営業の具体的な求人は?

企画営業の求人を出している企業には、以下のようなものがあります。

プランナー系

プランナーは、営業がとってきた仕事を、形にする仕事です。いわば、Webマーケティングの製造部門ともいえる、重要なポジションになります。

プランナーに求められるものは、まずはしっかりと、データを見れる力です。

オフラインの場合、クリエイティブが重視される傾向がありましたが、データが取れるWebマーケティングの場合、まずはどの数字を目標に設定するか、など、ビジネス系のアプローチを求められることが多いからです。

加えて、データを使って、クライアントを納得させるスキルや、今までのプランナーのようなクリエイティブであることなども求められることが多いなど、ハードですが、やりがいのある仕事だと言えるでしょう。

プランナーの具体的な求人は?

プランナーの具体的な求人には、以下のようなものがあります。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、文字通り、Webマーケティングにおけるデータの活用を行人のことです。

データを活用するといっても、ただ、データを分析するだけではなく、時にはデータの収集方法を決め、データを集める仕組みを作るなど、のスキルが求められます。

データサイエンティストは、Webマーケティングの屋台骨を支えているといっても過言ではありません。

スキルとしては、分析力や論理性に加えて、システム周りの知識を必要とされることが多いです。

データサイエンティストの具体的な求人は?

データサイエンティストの求人には、具体的には以下のようなものがあります。

いかがですか?

ここまでで、ある程度Webマーケティング業界について理解できたのではないでしょうか?

そこで最後にWebマーケティング業界への転職はありなのかなしなのか検証して行くことにしましょう!

Webマーケティングのオススメの転職エージェントを紹介

LIDDELL株式会社

業種 マーケター
雇用形態 正社員
業務内容 インフルエンサーを活用したサービスに関するマーケティング戦略の企画立案・実施

<詳しく>

トランスコスモス株式会社

業種 マーケター
雇用形態 正社員
業務内容 インターネット広告を用いた、お客様企業の商品・サービスの売り上げや認知度を高めるための企画運用業務<詳しく>

 株式会社DMM.comラボ

業種 SEOプランナー
雇用形態 正社員
業務内容 DMM.comで提供する各種事業のオーガニック集客の最大化とサイトのSEO対策業務をお任せします。<詳しく>

Webマーケティング転職への道を考えてみた まとめ

Webマーケティングは、通常のマーケティングに比べ、データが取得しやすいなど、メリットが多く、今では主流なマーケティング手法になっています。

それに伴い、Webマーケティング系の求人も増えています。求人内容としては、企画営業、プランナー、データサイエンティストなどがあります。

業界としては、仕事はハードなものの、収入は比較的高く、また、スキルも身につくことから、転職先として検討する人も増えています。

もし、転職を考えているなら、Webマーケティング業界は、視野に入れても損はしないでしょう。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。