【徹底解説】セールスエンジニアの魅力を紹介!!

The following two tabs change content below.
スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。
スタートアップネクスト編集部

最新記事 by スタートアップネクスト編集部 (全て見る)

こんにちは!スタートアップネクスト編集部です。 こちらのサイトでは、スタートアップやベンチャーの経営や起業に興味をお持ちの方に対して、スタートアップや最先端技術やビジネスについてのノウハウや知識についてプロのベンチャーキャピタルがレクチャーしています。

突然ですが、「ITエンジニア」と聞いて、「プログラマー」を思い浮かべる方は大変多いのではないでしょうか。しかし近年専門的な業務に特化した職種のほかに、幅広い分野で活躍できる職種や業務が増えてきているのです。コードもかけるプロジェクトマネージャーや、データサイエンティストとしてのマーケターなど、専門的な知識や能力を発揮して関連分野の業務を行う、と言えば想像がつきやすいのではないでしょうか?また、そんな自分の専門性や知識を活かして業務の幅を広げていけば、キャリアアップも可能でしょう。

今回は、そんな職種の中でもITスキルとセールスの業務が合わさった「セールスエンジニア」についてご紹介します!

そもそもセールスエンジニアって何??

セールスエンジニアは、専門的なITの知識や経験に加え、コミュニケーション能力をベースとした営業スキルが求められる仕事です。具体的には、製品やサービスの説明やサポート、ニーズに合わせた修正の対応、クライアントが新たな製品を導入する際のサポートからそのトラブル対応まで、顧客に近い立場で社内外の様々な立場の人たちと関わることが多いです。

また、製品やサービス作りに集中するITエンジニアとは異なり、顧客に近い立場でその反応をダイレクトに受け止める役割も担うため、クレーム対応からプロジェクトの達成まで顧客目線ならではのやりがいを感じられる仕事でもあります。

セールスエンジニアの仕事内容とは

セールスエンジニアは、企業のサービスを販売するセールス(営業)技術的な知識を持つエンジニア(技術者)双方の要素を持ち、クライアント(顧客)に対して自社製品の導入提案や導入後のサポートを行う仕事です。

扱っている製品が専門性が高い場合、クライアントに製品の説明や提案をする際に難易度の高い知識が必要となります。その場合、一般の営業職より、セールスエンジニアが対応することとなります。

そのため、専門的な知識のあるエンジニア出身者などが活躍している傾向が強いといえます。

キャリアプランとしては、「営業→セールスエンジニア」というよりも、「技術者→セールスエンジニアというキャリアプランが一般的です。

具体的には何をやるのか

具体的には、システム導入時の管理やサポート、時にはクライアント先のシステムのリプレース(システムの入れ替え)について提案するコンサルタント的な役割も担います。豊富な専門知識を持ち、販売からアフターフォローまで行うことができるセールスエンジニアの需要はさらに高まっており、特に進化のスピードが速いIT業界でも非常に重要が高い職種となっています。

なぜこれほど需要が高いのか

これほどまでに需要が高い理由の一つに、一般的にはエンジニアの方がコミュニケーションが苦手な方も多いことも背景にあります。つまり、クライアントともスムーズにコミュニケーションができ、かつ専門的技術知識を持つ人材が一般的には希少であるためです。ただし、セールスエンジニアは当初、営業の方と同行して企業に訪問することが一般的でもあり、徐々に企業とのコミュニケーションを取ることができます。

また、一般的には新規営業ではなく、既存営業先やルートセールス的な部分が多く、営業の経験が乏しい方でも、転身することのハードルはそれほど高くはないでしょう。

人とコミュニケーションが好きな方にとっては、様々な企業と会うことができ、またクライアント目線で仕事ができる点はやりがいの一つとなるかもしれません。

セールスエンジニアに必要な能力・スキルは?

前述のようにセールスエンジニアの需要は大きいです。そんなセールスエンジニアには以下の能力やスキルがあっと方がいいと言われています。

  • プログラミング・IT知識と技術

まずはセールスエンジニアの基盤となる技術面の知識と技術です。この知識や技術がなければ、一般の営業職と大きく変わりません。技術のコアとなり得る、プログラミングやITの知識と技術が必要となります。

  • コミュニケーション能力

セールスエンジニアは、クライアントとのコミュニケーションを通し、販売からアフターフォローを実施します。クライアントとのコミュニケーションも重要ですが、大型案件プロジェクトになれば、当然社内での各部署とのコミュニケーションも多く発生します。開発エンジニアと大きく違う点はコミュニケーション能力の必要性と言えるでしょう。

  • プレゼンテーション能力

セールスエンジニアが一人立ちするには、一般の営業職と同等の能力やスキルが求められます。

見習いとしての転職の場合は、将来的に獲得する能力として考えても問題ありませんが、クライアントに分かりやすく伝えるプレゼンテーション力も欠かせません。多くの人に理解し、デメリットやメリットを明確に示し、システム導入の有効性を理解いただくプレゼンテーション能力も重要と言えるでしょう。

このように、セールスエンジニアとして経験を積み、自信をつけることができた場合、非常に貴重な人材として社内外に大きく貢献できます。徐々にコミュニケーション能力を成長させることも可能で、上司や部下とのコミュニケーションが必須となる管理職としての能力開発としても考えられます。

セールスエンジニアの年収はどのくらい?

セールスエンジニアの平均年収は、636万円(男性642万円、女性511万円)(DODA「平均年収ランキング2016」https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/より)。もちろん企業によっても給与は異なりますが、セールスエンジニアの年収は各世代ごとを比較しても全体的な平均給与金額より高めに設定されています。

このような給与設定がなされているのは、ITの専門的な知識に加え、社内外への幅広いサポートが要求される職種ということもあり、一般的な技術職や営業職に比べても高い年収のようです。

セールスエンジニアに資格は必要か

セールスエンジニアとして活躍する場合、資格は必須ではありません。技術面の能力や経験があり、かつコミュニケーション能力が認められることで、十分転職としての市場価値はあります。

しかし、知識を証明する方法としては、資格を取得する方法もあります。もし、セールスエンジニアとして資格を保有する場合は、技術的なスキル及び営業スキル、その2つの側面からの資格取得を目指すと良いかもしれません。

また、取り扱う製品や業界によって求められる技術や知識が多岐にわたるため、基本的な知識が問われる資格を取得した後でキャリアパスに応じた資格を取得することをお勧めします。

今回は基本的な知識が問われる資格をご紹介いたします。

1.「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」

IT・エンジニア関連資格で一般的な試験です。

「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」の2種類があります。

技術内容のみならず、経営や管理等、実際の業務に必要な知識を総合的に身に付けることができます。

受験資格に制限はないため、基本情報技術者を持っていなくても、応用情報技術者試験は受験できますが、応用情報技術者試験は記述式の問題が出題されるなど、基本情報技術者試験よりも難易度は高くなっています。

試験は4月(春季)と10月(秋季)の年2回行われます。

詳しくは独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の公式ホームページで確認してみてください。

2.ITストラテジスト試験

「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」に比べると、エンジニアとしての技術面よりも、社内外にも及ぶ広範囲の知識が必要な内容となっています。

企業の経営戦略やビジネスモデルにIT技術を用いて最適化するための提案や、策定を行うための知識、さらには業務環境や技術動向の分析などの観点も含まれています。

ITを活用したクライアントの業務改善やサービスを推進するコンサルタント的な視点から提案が可能となるため、セールスエンジニアの知識として取得しておきたい試験です。

同じく、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が運営しており、経済産業省認定の国家資格です。

3.セールススキル検定

こちらは営業能力を測定する試験となります。

基本的なセールスマナーから関係性の構築など、営業活動に必要な知識を備えているかどうかが問われます。営業活動の基礎的知識が問われる検定3級から、セールスコンピテンスを総合的に問われる1級まであります。

特にエンジニアからセールスエンジニアへのキャリアパスを検討している方にとっては、営業を体系的に学ぶことができるおすすめの資格です。

特定非営利活動法人セールスコーチング協会が試験を運営していますので、詳しくはホームページをご覧ください。

 

セールスエンジニアの転職・求人情報

ここまででセールスエンジニアについてある程度イメージできたかと思います。ここからは参考までにセールスエンジニアの具体的な求人情報を記載いたします。

株式会社日本電気(NEC):ソリューション営業

仕事内容

<海外向け業務

  • POSシステム チャネル拡販(海外顧客対応)
  • POSシステム 営業・戦略立案(海外顧客対応)
  • 西アフリカ市場向けキャリア業界及び官公庁向けソリューション営業
  • 中南米市場向けICTソリューション営業
  • 中国向け企業ネットワーク製品・ソリューションに関する営業推進要員

国内向け業務

  • 官庁・公共マーケット向けソリューション営業
  • 公共マーケット向けネットワーク営業
  • 医療マーケット向けソリューション営業
  • 民需マーケット向けソリューション営業

【求める人材】

  • 大卒以上、営業経験を3年以上お持ちの方
  • ICT関連企業での業務経験 、英語などの語学力(必須ではありません)

企業ホームページ     http://jpn.nec.com/profile/profile.html

インターネットイニシアティブ(IIJ):ソリューション営業

【仕事内容】

  • IIJが提供するクラウドサービス『IIJ GIO』をベースに、ネットワークサービス、SIなど、あらゆるソリューションを総合提案。
  • IIJが提供する新しいクラウドコンピューティング基盤 IIJ GIOをベースに、メール、セキュリティなどのマネージドサービスやネットワークサービス、システムインテグレーションから運用に至るまで、お客様のニーズに応え総合的に提案する。

【求める人材】

  • IT業界の直販営業としてのネットワークサービスやソリューション提案の経験
  • ITインフラ関連の技術的な知識
  • SE経験
  • IT業界の直販営業としてネットワークサービス
  • ソリューション提案の経験がある方
  • ITインフラ関連の技術的な知識をお持ちの方
  • SE経験者で営業に興味のある方

企業ホームページ     http://www.iij.ad.jp

日本オラクル株式会社:ITソリューションセールス

【仕事内容】

  • 新規開拓および深耕型セールスとして、日本の大手有名企業やグループ企業、100億円~500億円の売上規模を持つ中堅企業までを担当
  • オラクルのクラウドソリューションの提供を通じて、クライアントのビジネス拡大に貢献

【具体的な業務】

  • 担当Cloudソリューション製品の拡大やクロージング。
  • ソリューション開発など営業活動を実行する。
  • 戦略アカウントに対して、徹底的な顧客リレーションの拡大と維持
  • Cloudインフラ製品(Paas/Iaas製品:Oracle Databaseなど)
  • Cloudアプリケーション製品
  • Engineered System製品(Exa Dataシリーズ等)

【求める人材】

  • ITソリューション営業(直販・代理店営業)の経験1年以上

下記、いずれかの経験、知識

  • IT業界での営業経験1年以上
  • B to Bマーケットでの経験
  • ITソリューションセールスやプリセールスの経験
  • ソフトウェアやハードウェア製品の知識
  • 業界知識(製造、金融、流通等)
  • IT製品やネットワーク製品等の販売経験あれば尚可

企業ホームページ     http://www.oracle.com/jp/index.html

オリンパス株式会社:医療ITシステムエンジニア

【仕事内容】

  • 病院向け医療ITシステムの導入(納品から運用説明まで)における一連の業務マネジメント

【求める人材】

  • 高専卒以上
  • ITインフラ(ネットワーク/サーバ等)の知識
  • 顧客へのシステム導入、運用・保守の経験
  • 普通自動車免許
  • 全国転勤が可能な方 ※医療分野の知識は問いません

企業ホームページ     http://www.olympus.co.jp/jp/

富士通株式会社:ソリューション営業

【仕事内容】

  • 国内外金融機関、官公庁、国内外の通信キャリア等のクライアントに対して、ICTを用いた最適なソリューションを提供
  • セールス&マーケティング(法人営業職)を担う部門にて、それぞれの業務領域に特化した業務のうち、いずれかをご担当

【1】金融・社会基盤営業

  • 金融:国内外金融機関向けビジネス推進
  • 社会基盤:国内外の通信キャリア向けビジネス推進

【2】公共・地域営業

  • 官庁:官公庁、地方自治体、文教、医療、メディア、エネルギー業界向けビジネス推進

【3】産業・流通営業

  • 産業:自動車・化学・各メーカー向けビジネス推進
  • 流通:卸売・サービス・エンタメ業界向けビジネス推進

【4】先端技術営業・グローバルマーケティング

  • スパコン関連営業:スパコンの海外商談。政府研究機関へのスパコンを活用した業務ソリューション拡販
  • グローバルマーケティング:ビッグデータやIoT等、イノベーティブなビジネス領域での商談支援

【求める人材】

  • 学歴不問

【必須となる経験・スキル】 ※いずれかの経験をお持ちの方

  • 法人営業の経験
  • 担当する業界の業務知識、職務経験
  • (スパコン、金融、通信キャリア、官公庁、製造、流通)
  • ICTソリューションの提案、コンサル経験

企業ホームページ     http://www.fujitsu.com/jp/

まとめ

初等教育でのプログラミング教育の必修化に象徴されるように、ITスキルはこの先さらに誰もがその基礎的な知識を持っている時代がやっていきます。そんな時に、自分はどんな強みを武器に仕事をしていくのか。社内だけでなく社外の人間とも柔軟にコミュニケーションを取れ、人とモノ・サービスを新たな視点からつないでいく。セールスエンジニアはそんなこれからの新たなキャリアモデルの一つなのかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スタートアップネクスト編集部ではスタートアップの経営に強い興味のある方の相談にのっています!

スタートアップネクストを運営しているSkyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)はシード・アーリーステージに特化したベンチャーキャピタルです。より多くの20代・30代のビジネスパーソンがスタートアップの経営にチャレンジできるように、Skyland Ventures(スカイランドベンチャーズ)の代表であり、ベンチャーキャピタリストである木下が、無料でキャリア相談にのっています。
スタートアップの経営に強い意欲をお持ちの20代・30代の若手ビジネスパーソンの方は是非お気軽にご相談ください。

以下のURLにより詳細を記載していますが、当社が提供できるメリットは下記4点になります。

➤無料キャリア相談のお問い合わせはこちらから

http://startupnext.jp/contact

1.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなど広範囲に直接的リーチを持つからこそわかる起業家人材・経営者人材としてのポテンシャルをその場でフィードバックします

当社の本業はスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタル事業です。投資事業の中で培った経営者・起業家としての素養やポテンシャルを判断し、適切なフィードバックを提供する事が可能です。また不足しているマインドやスキルセットなども具体的に提示する事で、今すぐでなくとも、今後スタートアップの経営メンバーとして活躍するために必要な経験等についても本音ベースでお伝えができます。

2.上場企業経営者・スタートアップ経営者・VCなどへ直接ネットワーキングします

ベンチャーキャピタル事業で培った多くの上場企業経営者、スタートアップ経営者、他社のベンチャーキャピタリストとの広く深いネットワークが強みです。面談によって木下が適切と感じた場合、その方に合ったスタートアップ業界のキーマンと直接お繋ぎする事も可能です。当社からのご紹介での出会い・ご縁をキッカケに、大きく人生・キャリアを変える事も多いです。

3.インターネットサービス(EC・メディア・広告・ゲームなど)や新しいテクノロジー分野(VR/AR・AI・暗号通貨など)の新領域の事業機会やトレンドを知ることができます。

ここ最近のスタートアップ界隈では、今までのインターネットサービスはもちろんですが、暗号通貨やビットコインなどを含むフィンテック領域や、IoT等、多くの新規性高い成長分野への投資が活発化しています。

最先端分野のスタートアップやビジネスに関心があるものの、具体的なイメージが湧かない、実際の成長ポテンシャルやビジネスモデルや競争優位性がわからない・・、といった方に対しても、具体的な情報提供が可能です。

スタートアップの最前線で投資検討しているベンチャーキャピタリストだからこそが知り得る情報やナレッジが豊富です。

4.全員会います

対象者以外の希望者にはSkyland Ventures代表パートナーである木下 慶彦が自ら全員会います。

※ただし、以下の対象である事が前提ですので下記を事前にご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

スタートアップネクスト編集部

スタートアップネクスト編集部です。スカイランドベンチャーズというシードスタートアップへの投資に特化したベンチャーキャピタルが運営しています。スタートアップの経営幹部を目指す20代、30代向けに最先端分野やスタートアップの酸いも甘いもをぶっちゃけでお伝えして参ります。